テストで赤点とると部活禁止。勉強できないと部活動させてもらえない、つらいね。たてまえとして学生の本分は学業で、部活動はオマケなのだから、しかたがない。これがスポーツ推薦で入学した強豪校の運動部のレギュラー選手だったらテスト全部0点でも問題なかったのだろうが(ぉぃ)。いかんせんトロピカる部は無名校のただの遊び半分の部活動だからね。先生たちも厳しいのよ。悲しいけどコレ、現実なのよね!

さてさて、今回から敵怪人さんはパワーアップして、その名も「もっともっと、やらないか」です。「ウホッ」。違う。ヤリニゲーダ改めマスマスヤリニゲーダです。もうね、ヤリ逃げブライアンの斜め上をいく敵怪人というか、女子中学生の敵というか、性欲のかたまりみたいな敵怪人。ちがう意味で怖いね。ちなみに音声は同じでした。失業しないでヨカッタ。

それにしても、夏海さん、息をするのもメンドクサくなってしまって、どうなることかとおもいましたが。なんのことはない。心配いらなかった。畢竟どんなにヤル気をうばわれようが、けっして枯れることのないヤル気の泉を夏海さんは持っていたという。そんなオチだった。これじゃ下水の中を泳いでウンコ臭くなったローラがバカだった。いや、バカだけど最後カッコ良かった。結果はともあれ、なにごともしゃにむにがんばる、これ大事なところ、という教育的な話。

しかし、どんなにヤル気を出したところで勉強ができるようになるとは限らない。そんなオチでもあった。そうです、ヤル気がかならずしも結果にはつながらない。がむしゃらにがんばることは大切だけれど、その結果はまた別の話だと。悲しいけどコレも、現実なのよね!