ここしばらくはローラのプリキュア探しの旅が続くのだ。

人魚はプリキュアになれないという設定が明らかにされたのですが、これはローラが追加戦士にはならないということなのか、あるいはローラは人魚をやめて人間になるというか改造手術を受けて両足を取り付けてもらいプリキュアになるとみていいのか、どうなんでしょうかね。わかりません。これも今後の人魚人気しだいでしょうか。

スタンド使いの亀の中には居室があって、ローラはそこで暮らしている。そうですよね、人魚を移動させるには見た目の問題もですが、大きさの問題がありますから、まさか夏海が人魚を抱えて町中をねり歩くわけにもいきませんし、それならばということで人魚を小さくして小さな入れ物の中にいれておいて夏海が携帯するという設定にしたのでしょう。いくら舞台となってる町の中にわりと水路があり、またローラが淡水と鹹水の両方に対応してる設定とはいえ、やはり人魚の姿のままでは移動に制限がありすぎます。

それにしてもローラがわがままといいますか、自由奔放といいますか、はすっぱ人魚に夏海がふりまわされるという展開で、夏海の堪忍袋の緒が切れて、ふたりはケンカ別れになる。夏海は夏海でローラのことなんかほっといて部活選びに専念するし、ローラはローラでプリキュア探しの冒険に出かける、そこにどう花守がからんできてうまくまとめるのかと期待してたのだが、今回はとくになにもなく、ただ花守の家がプリズムストーンショップをやってるということだけが紹介されて、花守母が赤井めが姉ぇだったという。違うね。

とにかく、そうこうしてるうちに財団Bから出撃命令がくだり、敵怪人ヤリニゲーダが人間のエロスパワーを吸収しにきたのだが、はたせる哉、夏海ひとりで撃退してしまった。夏海は、その気、やる気、本気を見せて、「あたしのはいる部活は『プリキュア部』なんだからッ!まだ部員一人だけど…」と宣言してローラと仲直りして終了だった。こんかい花守がプリキュアになるのかとおもいきや、お楽しみは次回まで待てということらしい。