トロピカル〜ジュ!プリキュア #17 人間なんてラララ、キュアラメール 感想

グランオーシャンの女王様があやしい。おそらく真のラスボスかと。(ぇー

ローラが人間にプリキュアになれたのは、もちろんローラ自身の強い願いからだろうけれど、しかし、女王様からいただいた小道具のおかげでもある。けっきょく女王様は人魚を人間に変えるすべを知っていたのだ。それはつまり、あとまわしの魔女と同じ。そう考えると、これはつまり、グランオーシャンの女王とあとまわしの魔女は同族ということで、そうして、魔女は人魚のなれのはてということです。その顛末は今後すこしずつあかされていくのでしょう。たぶん。

ローラはプリキュアになった。プリキュアになるには、まず人間にならなければならない。そういう設定だったはずです。ですからプリキュアに変身する直前に人間になった。それからプリキュアに変身した。戦闘が終わり変身をとくとローラは人間のままだった。これはどうしたことでしょう。いちど人間になった人魚はそのまま人間になってしまい、プリキュアの変身のように元に戻ることはできないということでしょうか。

ローラは二本足で歩くことができるようになり、よろこんでいる。しかし次回、人間の姿でプールで泳いでみるけれど、おもったようには泳げないのではなかろうか。水中ではどうしたって二本足よりも尾ヒレのほうが有利でしょうから、これはしかたがありません。そんなあたりまえのことにいまさらながら気がつくローラがいて、しかも人魚にもどれなければそもそも人魚の国には帰れない、それすなわち次期女王にもなれないということで、これは困ったと嘆くのではないだろうか。そんなローラの苦悩が描かれる展開に今後期待したい。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #16 迷える人魚と魔女の罠 感想

いよいよ敵の本部になぐりこみですか。
最終決戦、はじまっちゃったよ。(ぇー
もう年が明けて2022年になったようです。(コロナハドウナッタ?
最終回まで残すところあと2話です。(ぉーぃ

とらえられた人魚が魔女と面会する。そこで告げられた衝撃の事実は、あとまわしの魔女がローラの母親だということでした。あとまわしの魔女は、おちぶれた人魚のなれのはての姿だった。(キリッ

世の中は、いいとこどりできないようにできている。なにかを得ようとするとき、べつの大切な何かを失う。そんな話に言及されてましたが、これは利益を得るためのコストの話なのかな。お金に換算できるものであれば話はわりと簡単かもですが、そうでない場合は価値観の問題になりそうだから難しそう。そもそも、ものごとの損得はあとにならないと分からない場合も少なくないので、あまり深く考えないほうがいいのかも。まあ、それでも、わかりやすい例でいうと、欲しいものを買うと、大切なお金を失う。お金を払わないでお店から勝手に商品をもちだせば、それは犯罪ですから警察につかまり刑罰を受けて社会的信用を失います。警察につかまらない場合もあるでしょうが、しかし、それでよしと考えるならば、あなたは人間のクズです。因果の理に導かれて、いずれ天罰がくだり何か損するでしょう。天網恢恢疎にして漏らさず、です。そんなかんじですかね。ちがうかな。

幸せはどこにあるのでしょうか。どこにもないといえばそうだろうし、どこにでもあるといえばそうなのかもしれない。気持ちひとつで価値観なんて変わる。いいかげんなものだ。人間も人魚もバカなんだ。あたりまえにありすぎて、なくしてはじめてそれが幸せだったと気づく。そんな経験もめずらしくないのでは。

いまの自分に満足できず、変わりたいと願う。これを向上心とよぶのでしょうか。そして本当の自分はどこかほかの場所にあるんだという空想が自分探しへとかきたてる。夏海まなつが離島から都会に出てきたのもそんなかんじだったかな。それはともかく。ところで、その「本当の自分」とやらを見つけた人はどれだけいるのだろうか。おそらく、いないのではないだろうか。夏海まなつの場合は微妙だが、おそらく夏海まなつの場合はたとえずっと離島で暮らしていても、それなりに自分を肯定して生きていたような気はする。

閑話休題。

自分はいまここにいる自分自身しかいない。迷いをたちきれ。そして今のこの一瞬一瞬に全力をかけろ。それしかないじゃないか。それを死ぬまでつづける。それが生きるということだ。

次回、ローラがプリキュアになるのは、おそらく仲間を助けたいと強く願うからだとおもう。仲間を助けるためにプリキュアになりたいが人魚はプリキュアにはなれない(という設定だったはず)。人間になることはプリキュアになるための必要条件。であるならば、ここはひとつ、あとまわしの魔女の策略にはまったふりをして、魔女に協力するからその対価として人間にしてくれとたのんで人間にしてもらう。しかし、人間になったからといって、かならずしもプリキュアになれるとはかぎりません。強い意思、どこへも逃げずに今の不完全な自分をありのまま受け入れ、そのうえで今の自分のありようをあるべき姿へと変えていこうとする勇気をもち、覚悟を決めて一歩踏み出し、そうして仲間を助けたいと願った者にはプリキュアの資格が与えられるのでした。過去の事例を見るとそうでした。それにならってローラはプリキュアに変身する。そんな展開になりそう。

ローラが人間になりたかった理由は、はじめは違っていた。人魚であることに誇りはあるし、女王になりたいという夢もウソではない。しかし、人間社会で暮らすうえにおいて、ふつうの人間の姿になって、みんなと同じように気兼ねなく楽しみたかった。ふつうに山登りをしてみたかった。ペディキュアだって塗ってみたかった。みんなが当たり前にしていることを、ただただ当たり前にしてみたかっただけでしょう。そんな、せつない気持ちは、当たり前が当たり前でない人(人魚)にしか分からない。あとまわしの魔女はそんなローラの気持ちを見抜いた。これは、もしかすると、あとまわしの魔女も自身が人魚だったとき人間の姿にあこがれて悪魔と契約して人間になったはよいが、しかし実際に人間になって暮らしはじめたら期待していたほどは楽しくなくて、むしろ苦しみばかりで、それで人魚にもどりたいと思うようになったけれど、いちど人間になった人魚は人魚にもどれないと知らされ、絶望して、その絶望がつのって魔女になってしまったという。そんな話だったら、がぜん興味わくのだがな。

ほんとうはローラが最終回にその命とひきかえに、いちどだけ変身して、母である、あとまわしの魔女を浄化して、戦いが終わり、そしてローラ自身もプリキュアの変身がとけると同時に泡となり消えてしまうという物語のしめくくられかたをすれば、それはそれはキレイなエピローグだろうとは思うのだが。いかんせん、それは財団Bが許してくれないのでしょうな。せちがらい。つまらん。女児アニメの限界が伝わってくる。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #15 自分らしさとは、なんだろう?! 感想

世間は、世の中は、なにを基準にして、その人がその人であると認めるのであろうか。外見で、顔や背格好で、判断するのだろうか。それとも外見とはまさしく飾りであって、その人の言動こそがその人の本体なのだろうか。あるいは外見と言動が一致してこそなのだろうか。考えれば考えるほど、よくわかりません。そんな難問にあえてとりくんだのが今回の話だった、のかどうかもわかりませんが。

ローラとメガネ先輩がいれかわって、それぞれが新しい姿で初めての経験をかさねる。ローラは歩きまわれるようになってやりたいほうだいで楽しかったようです。メガネ先輩も人魚の尾ヒレをうまくつかって自由に海の中を泳ぎまくれて楽しんでいた。しかし今回、いちばんの収穫は本来の体からはなれることで自分自身を客観視できて、それを今後の生活の糧にできたことのようでした。

ふだんとちがう体験は楽しくて視野を広げてくれた。それは良いことだ。しかし、ふだんとちがうことをするのは、たまにでいい。変わった体験をするとものの考えかたも変わるのでしょうけど、本当になにもかも変わってしまうのはイヤなものだ。姿かたちが人間になってそのままずっと人間でいると、おそらくもとは人魚であったとしても、いつのまにか心も人間になってしまうのではないでしょうか。その逆もありそうで。与えられた状況に適応していくと人は自然とそれらしく変わっていってしまうということはあるとおもいます。ニセモノがホンモノに変わることだって、めずらしくないとおもいます。変わるということは、あたらしいものを手に入れることだが、ときにそれとひきかえにしていままでの大切なものを失ってしまうこともある。それに気がつくことも大切なんだと思う。敵怪人の襲撃をまのあたりにして、人魚の姿では戦えない。メガネ先輩はもとにもどりたい、プリキュアに変身して守りたいこの世界をと強く願った。そして願いはかない、もとにもどれた。やはり、わたしは、わたしのままがいいのかもしれない。かんぺきではないけれど、いつものわたしがいちばんかなと。だけど、いいとこどりかもしれないけれど、すこし変えていきたい気持ちも芽生えた。それを心の成長とよぶのであれば大切に育ててほしい。そんな結末だったのだろうか。

ローラは人間の生活にあこがれていて、こんかい夢はかなったけれど、それは決して待ち望んでいたものではないとわかったようだ。ローラにとって人間社会での生活はあくまでかりそめで、いずれは人魚の世界での生活にもどる。そもそも人間の世界に来なければ、人魚であることに不自由を感じることもなく、したがって二足歩行にあこがれることもなかったはずだから、もとの姿にもどれたあと自身の人魚の下半身を見てうなずいていたのは、自身が人魚であることの矜持をあらためてたしかめていたのだろう。そう信じたい。ローラが人間の姿になることはない。夢は今回限りで終わり。それこそが、きれいな終わり方だ。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #14 積木くずし 〜人魚と男児の半日戦争〜 感想

今回の敵怪人は積木がモチーフだけに中途半端に攻撃しても崩れてバラバラになるだけで、すぐにもとどおりになってしまう。プリキュア側が攻撃しても敵怪人はてきとうに受け流して対応してしまう。ある意味、強敵なんだな。これはもう敵怪人の本体を一撃でたたかなければ倒せない。そのためには、どうするのか。考えろ、考えるんだ。と、そんな緊迫した展開になるのかと思いきや、ぜんぜんそんなことはなく。ちょっとだけ考えて、そうだ敵怪人がもとどおりになるよりも早く倒してしまえばいいのでは、という結論を出す。まあ、オラオラのラッシュですかね。畢竟、若さゆえの思いつきと勢いだけでなんとかしてしまったという話。まあ、いいけどさ。

保育園には孤独な男児がひとりいた。しかし腐ってたわけではないのだ。それどころか夢がある。将来は昆虫博士になる。そのためには今から必死で勉強しなければならない。だからバカな連中のバカな遊びにつきあっていられない。だから、ほっといてくれと。ところが、そんなかわいげのない男児をぎゃくに見込みがあるとほめる人魚がいた。これには男児も虚をつかれて、しかし、まんざらでもなくて、人魚に気持ちが傾いた。恋をした。初恋だった。精通した。それは嘘です。閑話休題。お母さん以外の女の人をはじめて好きになった、それは事実です。いや人ではなく人魚だけど。とにかく男児の初恋が描かれていた。そうですね、だれからも理解されず、だれからもちょっと変な奴だと敬遠されて、本人も世の中(といっても保育園という狭い世界だけどそれでも男児にとっては大きいのだ)に絶望して、もうこれはサイの角のようにただ独り歩んでいくしかないと覚悟を決めていた、そんな時、おもいがけず「おまえはそれでいい!」とはげましてくれる人(※人魚あるいは半魚人)がいたのだから、これには勇気づけられましたね。男児はほかの保育園児(とくに女児)の変人扱いしてくる発言をそっくりそのまま信じたのではないが、証人の数の多いことはその言うところが正しいと推定せしむるに有力であることを思わざるを得なかったのである。真実とは多数決ではない、そんなことはわかっている、しかし、人の心はそれほど強くない、味方がほしいのも本音なのだ。人魚が、味方になった、味方になってくれた。べつに人魚は男児に憐憫の情をいだいたわけではない。人魚は男児に素直に共感しただけのことで、それは男児もわかっている。もしも人魚がごきげんをとろうとしてそんな態度をとってきたのならば男児もそれをつっぱねただろうが、そうではないと信じられるだけのものが人魚には感じられた、だから男児は人魚に心を開いたのだ。ひとは信頼できる人がひとりできると、ほかの人も信じてみようかしらと思うものなのだろうか。いい人(※人魚)との出会いで、良い方向へ、ひとは変わる、ひとは変われる。男児は、とある女児に声をかけてみる。うまくいく。仲間ができた。世界が広がる。気持ちひとつで目の前の世界の景色が変わる。男児の心の積木もまた再構築されてより良いものへと変われたようにも思えた。人魚はその日かぎりでいなくなるが、人魚の置き土産は大切にしていこうと。退屈でちんけな保育園の日常にも少し期待が持てるように感じられるようになった無辜な男児の姿が描かれた、今回はそんな成長譚でした。

井上美緒さんはプリキュアの脚本はハートキャッチ以来なのかな?ひさしぶり

それにしても次回は「タルトが祈里で祈里がタルト!?」っぽいな…

トロピカル〜ジュ!プリキュア #13 私の歌を聴けぇぇぇー! 感想

マクロスだった。よくわからんがマクロスだったかんじする。

ローラにとっての真の敵は、あとまわし軍団ではなく、人間社会そのものなのだ。したがって、あとまわし軍団との戦闘がぞんざいに描かれてるのも納得なんだ。人間社会の偏見と差別、これほど恐ろしいものはない。被害者の精神的な苦痛はすさまじい。人間は根拠もなく観念的になにかよからぬ事件があればすぐに人魚のせいにする。すべて人魚のせいで事件が起きる。ローラが「おかしな言いがかりもたいがいにしてくれ!」と言うのも理解できる。

船が沈没したのは人魚のせい。新型コロナウイルス蔓延も人魚のせい。あまつさえ、さきごろ横浜でニシキヘビがいなくなったのも人魚のせい。しかし、くだんのニシキヘビが天井裏で見つかったのは人間様のおかげなんだよと。そんなかんじにおかしな噂が広がっていく。人魚だけに尾ひれを付けてさ。さしものローラもこれには困りましたね。したがって、いまいちばんにやるべきは、あとまわし軍団は後回しにして、いかにして人間社会を、とりあえず学校の連中を篭絡していくかでありまして、そのための切り札がほかでもないローラ様の美声による歌なのだと、そんな話だったね今回は。

ヤックデカルチャー。半魚人とのファーストコンタクトは歌を通じて無事なされた。しこうして、学校のみんなさんはカルチャー・ショックを受け、ローラの歌に首ったけ。やりました。ローラのたくらみは大成功した。これでとりあえず人魚が学校内のスケープゴートから脱出する布石は打てたんだな今回。よかった、よかった。

成田良美先生ありがとう!

トロピカル〜ジュ!プリキュア #12 ローラ大地に立つ!! 感想

生命は、新しい環境に適応していく。生きていくためには適応していかなくてはならない。現実は厳しい。生きるって、生きてるって、そういうことで。それが今回のテーマだったのかもしれない。ローラも例外ではない。ローラとて、それほどバカじゃない、真剣に考えている。そんな前回に続いてローラのメイン回だった。

人魚は、足はないけれど、尾ひれを強化すれば、なんとか立ちあがれるようだ(ぇー)。しかも、少しは歩けるようだ。今回は窮地に立たされて、とっさに無理して尾ひれで立ちあがったのだろうけれど、それが案外うまくいった。しかも、ゆっくりとだけれど歩いたのだ。すごいね。敵のザクも驚くわけだ。いや、敵は風紀委員長だったか。それはともかく、もしかするとローラはこっそり独りで立ち上がる練習してたのかもしれない。足なんて、あんなの飾りだ、とか言いながら、尾ひれでふんばる練習をさ。

はじめは、歩けなければ車輪のある道具を利用すればいいという発想からスケートボードで移動してみたようだった。困難な状況にあっても工夫してのりきろうという姿勢は好感がもてる。なにげにローラは今回みたいに長袖と長いスカートで、そうして車椅子に乗れば、わりと人間社会で自然に生活できそうなかんじがする。

ローラのメイン回が続いて、次回も人魚が主役のようで、ローラは優遇されてるな。次回は人魚の歌がテーマだそうで。人魚の歌といえば、ぴちぴちボイスですね。ローラは、プリキュアになるかどうかはさておき、歌を武器にして戦っていくのでしょうか。

ローラの苦悩と、それを支えるトロピカる部の連中、なにげない日常生活の中でちょっとした事件が起きて、けれどもローラは最終的には自身の気力で乗り越えていく、そうやって成長していくローラの姿が今後も描かれるのであれば、これはなかなか楽しみです。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #11 今日は母の日、そして涼村お誕生日おめでとう!

ローラのメイン回だった。ローラの憂鬱が描かれていた。

人魚の苦悩というか。いや、まわりがみんな人魚なら、ローラだってなんともないのでしょうけれど。ようするに、自分ひとりだけが周囲とは違っていることに対する不満といいますか。そうですね、ローラはいつもみんなといっしょにはいるけれど、みんなと同じ中学校に通う中学生というわけでもなく、それから人魚だから足がないからみんなといっしょに歩いてお散歩したりショッピングしたりもできない。それどころか、そもそも人魚の姿では人間の世界ではどうどうと外には出られない。いつもこそこそして人目をうかがって行動してなくてはならない。べつに悪いことしてるわけでもないのだけれど、なんとなくそんなかんじで。仲間というよりは、特別扱いの存在なんだ。

それはローラもわかってはいる。しかし、頭でわかっているのと、じっさい心にいだく感情は違うもの。みんなといっしょに同じことして楽しみたい、そんな自然とおしよせてくる欲求を倫理観や道徳観といった心の防波堤で完全におさえこむのはしょせん無理なのだ。ローラがどんなに強がっていても、人間は、いや人魚も、そんなに心は強くできていない。

さいご夏海がローラにこんどはいっしょにと声をかけたのが、やすっぽい同情からでなく、本心からローラといっしょに楽しみたいという気持ちからだったと信じたい。ローラのうなずきに期待を裏切らない夏海のヤル気とやさしさを見せてほしい。

本当の居場所がないことへの不安は、新しい環境へ自分ひとりがほおりこまれたときによく感じることがありそう。居場所がないのなら居場所を求めてどこかへ行けばよいのだが、今のローラの場合は逃げることもできない。いまいるこの場所で生きて、戦っていくしかない。今後いかにしてローラは自分自身のあり方をみとめていくのでしょうか。人間になりたいとか、プリキュアになりたいとか、そういう方向にいくのか。あるいは人魚は人魚のままで、人魚であることを誇りにして、そのうえで自分自身の役割というか存在意義を見出していくのでしょうか。なにかそのあたりに人魚のローラの心の成長が描かれるのであれば楽しみです。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #10 成田良美先生おかえりなさい! 感想

テストで赤点とると部活禁止。勉強できないと部活動させてもらえない、つらいね。たてまえとして学生の本分は学業で、部活動はオマケなのだから、しかたがない。これがスポーツ推薦で入学した強豪校の運動部のレギュラー選手だったらテスト全部0点でも問題なかったのだろうが(ぉぃ)。いかんせんトロピカる部は無名校のただの遊び半分の部活動だからね。先生たちも厳しいのよ。悲しいけどコレ、現実なのよね!

さてさて、今回から敵怪人さんはパワーアップして、その名も「もっともっと、やらないか」です。「ウホッ」。違う。ヤリニゲーダ改めマスマスヤリニゲーダです。もうね、ヤリ逃げブライアンの斜め上をいく敵怪人というか、女子中学生の敵というか、性欲のかたまりみたいな敵怪人。ちがう意味で怖いね。ちなみに音声は同じでした。失業しないでヨカッタ。

それにしても、夏海さん、息をするのもメンドクサくなってしまって、どうなることかとおもいましたが。なんのことはない。心配いらなかった。畢竟どんなにヤル気をうばわれようが、けっして枯れることのないヤル気の泉を夏海さんは持っていたという。そんなオチだった。これじゃ下水の中を泳いでウンコ臭くなったローラがバカだった。いや、バカだけど最後カッコ良かった。結果はともあれ、なにごともしゃにむにがんばる、これ大事なところ、という教育的な話。

しかし、どんなにヤル気を出したところで勉強ができるようになるとは限らない。そんなオチでもあった。そうです、ヤル気がかならずしも結果にはつながらない。がむしゃらにがんばることは大切だけれど、その結果はまた別の話だと。悲しいけどコレも、現実なのよね!

トロピカル〜ジュ!プリキュア #09 四月は君の嘘(←ただなんとなく言ってみたかっただけ… 感想

自分は、いまここにいる自分しかいない。本当の自分がどこかほかの場所にいるなんてのは幻想だ。いまをしゃにむに生きる、ただそれだけのことなのだ。「端的只今の一念より外はこれなく候。一念一念と重ねて一生なり。ここに覚え付き候へば、外に忙しき事もなく、求むることもなし。この一念を守って暮すまでなり。」自分をごまかし、理屈ならべて、ダメだ、できない、と、ほざく。そんなのぜんぶ嘘だ。やらないのは、やる気がないだけなのだ。失敗を恐れて、世間の評価を気にしてる。「一事を必ず成さんと思はば、他のことの破るるをも傷むべからず、人の嘲りをも恥づべからず。」なにもしなければぜったい失敗しない、たしかにそうだけれど、そのかわり得られる果実は何もない。

しかし、だからといって、とりあえずなんでもやってみればいいというわけでもないのだろう。やはり入念な準備というか、いろいろ試してみて、作戦をねって、7割ガタいけるだろうというぐらいの気持ちになってないとなかなか難しそうだ。かつて練習でいちども成功したことがないプリズムライブを本番でやって失敗して恥をかいた人もいた。しかし、その人はそれで終わりになったわけでもなく、そのあと仲間に救われ、仲間に導かれ、素直になって、本当の自分、がむしゃらにプリズムショーを続けることを決意して、さいごはプリズムライブも成功するようになりました。めでたし、めでたし。そんな物語も過去にあったように記憶しています。今回の女優さんの場合はたまたまうまくいったようでしたが、かりに今回いまひとつの結果に終わってたとしても、それはそれで失敗もまた糧として明日への成長へとつなげていかれるよというかんじに話がしめくくられたことでしょうよ。

だれかが自分を変えてくれるのではない。たしかに運命や因縁はあるけれど、そうして出会いは大切だけれど、それはキッカケでしかない。薫染してくれる人たちと出会えるのは幸運だけれど、それでも自分自身で変わろうとしなければなにごとも変わらない、変われない。畢竟、自分から一歩踏みださなければ、踏み出す勇気を、失敗を恐れない精神力を、と、そんな話でした。けだし話の展開からして女優さんが5人目のプリキュアになってもオカシクなかった。キュアサマー以外はみんな自分を変える勇気を持って一歩を踏みだしてプリキュアになったわけだし。今回だけ空振りだったのは、うむ、これは、そう、プリキュアになろうがなるまいが一歩踏み出す勇気を持って生きろというメッセージだったのだろう。違う?

トロピカル〜ジュ!プリキュア #08 キラキラ☆プリキュアトロピカる 感想

料理で大切なのは、まずは愛情です。理屈や損得勘定などはあとまわし。

じぶんのためだけの料理ってヤル気でないのよね。ひとりのときは料理しないで、てきとうに買ってきてすませちゃう。料理とは、家族のためにつくって、その残りをじぶんがいただくかんじかな。愛情があるから、料理に愛を込めて作るから、ちょっとたいへんでも、楽しい。そうして、できあがったものを食べてもらって、よろこんでもらえたら、うれしい。食事は、たんなる栄養補給でなくて、愛情のコミュニケーションでもあるのだから、ちょっと失敗した料理だって、そこに愛があれば、仲良く楽しく食べられる。もちろんじょうずにできれば、いちばんいいね。

さて今回のテーマは料理です。料理に込められた愛情がテーマなのです。ところが、くるるんが料理されるとか、ローラが焼き魚にされるとか、あまつさえ敵怪人の攻撃で黄色が首チョンパにされるとかで、なんともいえないグロい展開でした。これも愛情表現のひとつなのか。そうなのか。まあ、黄色の首はしかたないとしても。えっ、ちがう?だって前作でも黄色の首は、あろうことか最終回に、動物王国の住人の猿爺さんが黄色を油断させて近づき、しかるのち隠し持っていた斧で不意打ちしてバッサリだったはず。おーッ、怖い、怖い。まさかの最終回での首切りは、だれも予想だにしなかったはず。本当に驚きましたね、最終回でノルマ達成だなんて。虚をつかれるとは、まさにこのことだよ。閑話休題。とにかくそんなかんじで今回も、黄色が犠牲者に。とにかく今回の敵怪人は強かったのよ。ティロフィナーレ。黄色の必殺技でいちどは敵怪人は倒されたかに見えた、しかし、これは敵怪人の黄色を油断させる作戦だったのだ。頭のいい敵怪人だった。たまには頭脳派の敵怪人も登場するのね。そうして黄色の首は胴体から静かに落ちた。これはかなりの衝撃でしたね。しかしその衝撃の余韻をひきずってる暇もなく敵怪人の執拗な攻撃は続き、消耗戦となり、残りのプリキュアたちは燃料切れで動けなくなった。万事休すか。そんなときローラが「あたしを食べて!」と。ローラは自身をプリキュアどもの燃料にするべく、みずから焚いていた焚き火(供養のために黄色の首を燃やしていた)のなかにとびこみ、そうして焼き魚となった。プリキュアたちは人面魚の焼き魚は初めてだったので、その刹那どうするか逡巡したが、とりあえず食べた。食べなければ戦えない。戦わなければ負ける。ここは迷ってなんていられなかった。案外おいしかった、人面魚の焼き魚。そんなこんなで、けっきょくプリキュアが勝利したのですが、首の皮一枚とはいかず、黄色の首は遠い宇宙のはてへと旅立つという残念な結果になりました。合掌。そうして、その悲しみからのがれるべく、ついでに、役立たずで、可愛いだけがとりえですらない、くるるんも料理して食べたというオチでした。なんとも今夜は眠れない女児様が多そうですな。と、そんな話でしたっけ?今回?

トロピカル〜ジュ!プリキュア #07 ひとの心を知るには読書がイチバン 感想

くるるん初登場。エビちゃん初陣。しかし今回は、メガネ先輩のメイン回だったかもしれません。

読書の効用とでもいうのでしょうか。たしかに本を、良い小説を読むと、ひとの心がわかってくるような気がします。ひとの心を知ることは大切です。いや、ほんと、誰かの心なんて、ほんとその人だけのものですから、どうあがいても本当には知ることはできないのですが、しかし、知ろうとすること、わかろうとすること、その気持ちこそが大事なのでしょう。それを簡単に言うと、思いやり、なのでしょうけれど、なにごとも人間関係は思いやりがなければ、うまくいかないものです。

「人の心を知らなければ、物事をやる場合、緻密さがなく粗雑になる。粗雑というのは対象をちっとも見ないで観念的にものをいっているだけということ、つまり対象への細かい心くばりがないということだから、緻密さが欠けるのはいっさいのものが欠けることにほかならない。」、これは数学者の岡潔さんの言葉です。

メガネ先輩は、読書でつちかった想像力というか推理で、くるるんの落とし物を見つけました。かなり無理のある推理だったかんじするけど、それは気にしちゃいけない。結果的に、くるるんの落とし物が見つかったのでオッケーなのです。

それにしても今回は、全体的に、なんか、ぬるい展開といいますか、緊張感に欠けるといいますか、平和なかんじすらするね。戦いのあとに販促もしっかりやってたし。現実世界がコロナで緊迫して鬱だから、せめてアニメの世界だけは、という配慮からなのかもしれませんね。

エビちゃん可愛いから、イース枠でプリキュアになりそう、いや、なる、絶対に、キュアシュリンプに。まちがっても、エビちゃん、てんぷらにされて、くるるんに食べられて、退場ということはないだろう。

いずれローラは、くるるんを変身アイテムにして、プリキュアになるのかな。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #06 一事を必ず成さんと思はば、他の事の破るるをもいたむべからず 感想

あたらしい部活の名称、それは「なんでもやちゃう部」、ではなくて「トロピカる部」だってさ。「トロピカる」という動詞は「いま一番やるべきことを優先的にしゃにむにやる」というぐらいの意味らしいので、すなわち「トロピカる部」はときとして「奉仕部」であり「プリキュア部」でもあるのでした。新しく部活を作るときのノリはだいたいこんなかんじですかね。隣人部しかり、仮面ライダー部しかり。まあ、どうでもいいね。

エビちゃん初登場でしたが、今回はエビちゃんの初陣とはいかず、敵幹部のひとりの忘れ物であるヤリニゲーダの卵のようなものが時限爆弾的に勝手に発動して、ここぞとばかりヤリニゲーダがあばれるのだけれども、いかんせん4人そろったプリキュアどもにふくろだたきにされて、あえなく終了という、これも財団Bの販促というか策略なのか。そうなのか。それにしてもエビちゃんが、かわいい。うむ、これはエビちゃんが今期のイース枠というか、エビちゃんが追加戦士だろう。おねがいします。

10年前の卒業生ですといって、母校とはいえ中学校の敷地に勝手に侵入して、なにやら捜索している25歳の女性4人組。普通に不審者です。まあ、45歳で人相の悪いオッサン4人組よりはマシですがね。せめて5年前の卒業生で女子大学生4人組ってのならまだしも。どうしてそういう設定にしたのか謎ですわ。しかもタイムカプセルをタヌキの置物の股間の袋の中に隠しておいたとか、10年前の女子中学生の感性が理解不能なんだがな。謎だ。

生徒会長は、なにげに毎回登場するのだろうか。追加戦士という噂も聞くが、はてさて。もう、誰がプリキュアになっても、おどろかないね。

今回は鬱展開もなく、つまら…、いえ、安心して視聴できました。中学校の部外者である女性4人組が、無事に発見できたタイムカプセルの中身をめぐって、殴り合いのケンカをしたのちに4人そろって宇宙へ旅立つというような超展開的なオチもなかったですしね。というか、そんなオチを期待してる輩もいないとは思いますが。とにかく、この4人は今回限りのゲストさんでしょう。あっ。まさか追加戦士枠というか、10年前プリキュアでした的な展開とか。ねーよ。

次回予告の「プリキュアバズーカ」が、完全に特撮のノリですな。アザラシが大砲の砲弾となって敵怪人に特攻して玉砕するのかな。そんなんだったら悲しいね。次回のエピソードタイトルは「さよなら、くるるん、花と散れ!炸裂、プリキュアバズーカ!」でしたっけ。というか、それやっちゃうとアザラシが初登場で退場となってしまうので、やるなら最終回か、その1話前で。よろしく。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #05 犀の角のようにただ独り歩め 感想

あすか先輩は、かつてテニス部員であり、生徒会役員のひとりでもあった。行間を読むと、そうでしたね。そして、テニス部をやめた経緯についてはさだかではないものの、生徒会をやめた理由は思春期特有の女子同士の恋愛感情のもつれ、具体的には誰あろう今の生徒会長があすか先輩のかつての「彼女」といいますか、いや、まぎれもなく彼女でした、雰囲気的に。

そうそう、みなさんも経験あるはずです。だいたい、所属していた組織を抜けるときってのは、お金か人間関係か、どちらかのトラブルですよね。まあ、中学生の場合は、お金でどうのこうというよりは、やはり、人間関係でというほうが自然なので、やはりテニス部を退部したのも、つまりはそういうことなのかな。

あすか先輩は「他人と関わって信頼しても、けっきょく裏切られる。その結果として自分が深く傷ついてしまう。」という悲しい現実を、思春期特有の揺れる心で、また、大人への階段を登る途中である中学校生活を通して、学んだのですが、しかし、それでも誰かを信じたいという気持ちは捨て切れないところがありました。自家撞着。いいですね、まだまだ若くて、さすがにそこまで擦れてないといいますか、表向きは人間不信をよそおい孤独を愛するかのようにふるまうのですが、うっかり本音といいますか他者への思いやりの心がふっとあらわれてしまうときもあるのでした。かわいいね。

あすか先輩がプリキュアになったのも、助けたい守りたいという気持ちからでした。もちろん、あすか先輩をそういう気持ちにたどりつかせるまでには、夏海たちのあすか先輩に対する優しい働きかけがあったからですが、それにしても、最終的に決断したのは決断できたのは、ほかでもない、あすか先輩その人なわけでして、これを信頼関係のめばえととらえてよいのでしょう。

あすか先輩は思ったのかもしれない。また裏切られるかもしれない、そうしてまた傷つくかもしれない、けれども今はそんなに弱いあたしではない。たとえまた失敗しても、自分を信じて決めた道ならば、うまくいかなかったとしても、あきらめがつく。それに今度は、いままでと違って、なんだか、うまくいきそうな予感すらするのだと。卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく。あたしは硬い殻を破って、そうして新しい自分を誕生させたいのだ。そんな願いを心に宿し、一歩前へと進んでいく、あすか先輩の姿がそこにあった。自身の殻を破壊せよ、自分自身を革命するために。と、そこまで深刻ではなかったかもしれないが。だいたいそんなかんじではあった。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #04 人魚の機にかないて語る言葉は銀の彫刻物に金の林檎を嵌めたるが如し 感想

現実は厳しく、生きることは苦しい。おもいどおりにいかなくて、心が折れてしまうことがある。そうして現実に背を向け、しかし死ぬ勇気もなく、孤独を選び、ひたすら空想に浸って細々と生きようとするのだろうか。

一之瀬さんは、かつて文芸部に所属していて、小説家をめざしていた。しかし、作品は先輩に評価されず、心が折れてしまった。爾来、一之瀬さんは文芸部をやめ、筆を折った。ファンタジー小説の内容はフィクションであり空想の産物ではあるけれど、そのファンタジー小説を書くという行為それ自体は現実そのものである。一之瀬さんは人魚が好きで、人魚が登場するファンタジー小説を書いていたのだけれど、いまは自身で考えた人魚のお話を綴ることはせず、アンデルセンが書いた人魚姫を愛読するなどして空想の世界に浸って満足していた、いや、満足してるふりをしていたのかもしれない。本当は書きたい、でも書けない、書いたらまた酷評されるに決まってる、それは怖い。そんなふうに失敗を恐れて自信をなくしていたのかもしれない。

ところが、ある日、夏海と、そして人魚のローラと出会い、一之瀬さんはうながされる、自信をもてと。ひとは自信をもてと簡単に言われてもすぐには自信なんてもてない。気持ちひとつでなんでもうまくいくのであれば苦労なんてしない。それはそうなのだろうけれど、とにかく今のままではダメだと一之瀬さんは思ったのだろうか。本当は自信なんてないけれど、一歩踏み出す勇気をもちたい、それができるのはほかでもない自分だけなのだからと。たぶんそんなかんじだったのではないだろうか。そして今回は、うまくいった。たまたまうまくいっただけなのかもしれない。けれども一之瀬さんは現実(リアル)も悪くないなと思うようになったようだ。失敗を恐れて逃げてばかりいてはダメなのだと思うようになったのかもしれませんね。執筆活動も再開できそうですね。

人間は現実よりも、その現実にからまる空想のために悩まされているものだ。空想は限りなくひろがるけれども、しかし、現実は案外たやすく処理できる小さい問題に過ぎないのだ。この世の中は、決して美しいところではないけれども、しかし、そんな無限に醜悪なところではない。おそろしいのは、空想の世界だ。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #03 やりたいようにやればいいじゃん!はすっぱ人魚がついてるよ 感想

自分らしさは、なんだろう。
ただひたすら自己主張していれば、それが正しくあるべき真実の姿なのだろうか。
自分らしさ、とは?

自分の本当の気持ちを殺して閉じこめて腐らせて、いつも周囲との調和を意識して、決してハミださず、その場の空気を乱さず、周囲との雰囲気を良いながれに維持しようとすることは、はたして悪いことなのだろうか。それが処世術ではないだろうか。みんながみんな自分勝手に好き放題に発言したり行動したりでは世の中なりたたないであろう。みんな孤独になる、しかし人間は独りでは生きていかれない。そういうわけで基本的には周囲のながれにそって妥協できるところは妥協して、しかし本当にゆずれないところだけはゆずらない、そんなかんじで生きていくしかないのではないだろうか。

それにしても自分を変えるためには、人との出会い、人魚との出会い、さらには敵怪人との出会いが大切だという結論でした。たしかに自分を信じるというのは、簡単なようで、実に難しい。子供のころ、お母さんから「自信をもちなさい!」なんて言われたけれど、それができないから苦労してるのに、と鬱になった人も多いのではないだろうか。自分を信じるというのは、自己暗示だけではうまくいかなくて、その根拠が必要で、それが心の確かさにつながるわけだから、しっくりくるものでなければダメなのだ。花守がどうやってそれを手にいれたのかは、正直よくわからなかった。もしかしたら花守自身すでにその機が熟していて、さいごのキッカケを夏海とローラとヤリニゲーダがあたえてくれたということなのかもしれない。具体的にはヤリニゲーダの攻撃を受けて丸焼け人魚にされそうになっていたローラの姿を見て自然と「守りたい、この人魚…」という気持ちがめばえたとか、そんなかんじで、とにかくプリキュアに変身する花守がいた。

キュアオーラルは、バッテンパンチ、萌え萌え座布団攻撃、といった技で敵怪人を撃破するのであった。財団Bからのノルマをこなして無事に二人目登場といったところでしょうか。次回は、目玉が飛びだして敵を攻撃するという恐怖の三人目登場に期待せよ、ということらしいネ。違うかな?

トロピカル〜ジュ!プリキュア #02 ローラの奇妙な冒険 感想

ここしばらくはローラのプリキュア探しの旅が続くのだ。

人魚はプリキュアになれないという設定が明らかにされたのですが、これはローラが追加戦士にはならないということなのか、あるいはローラは人魚をやめて人間になるというか改造手術を受けて両足を取り付けてもらいプリキュアになるとみていいのか、どうなんでしょうかね。わかりません。これも今後の人魚人気しだいでしょうか。

スタンド使いの亀の中には居室があって、ローラはそこで暮らしている。そうですよね、人魚を移動させるには見た目の問題もですが、大きさの問題がありますから、まさか夏海が人魚を抱えて町中をねり歩くわけにもいきませんし、それならばということで人魚を小さくして小さな入れ物の中にいれておいて夏海が携帯するという設定にしたのでしょう。いくら舞台となってる町の中にわりと水路があり、またローラが淡水と鹹水の両方に対応してる設定とはいえ、やはり人魚の姿のままでは移動に制限がありすぎます。

それにしてもローラがわがままといいますか、自由奔放といいますか、はすっぱ人魚に夏海がふりまわされるという展開で、夏海の堪忍袋の緒が切れて、ふたりはケンカ別れになる。夏海は夏海でローラのことなんかほっといて部活選びに専念するし、ローラはローラでプリキュア探しの冒険に出かける、そこにどう花守がからんできてうまくまとめるのかと期待してたのだが、今回はとくになにもなく、ただ花守の家がプリズムストーンショップをやってるということだけが紹介されて、花守母が赤井めが姉ぇだったという。違うね。

とにかく、そうこうしてるうちに財団Bから出撃命令がくだり、敵怪人ヤリニゲーダが人間のエロスパワーを吸収しにきたのだが、はたせる哉、夏海ひとりで撃退してしまった。夏海は、その気、やる気、本気を見せて、「あたしのはいる部活は『プリキュア部』なんだからッ!まだ部員一人だけど…」と宣言してローラと仲直りして終了だった。こんかい花守がプリキュアになるのかとおもいきや、お楽しみは次回まで待てということらしい。

トロピカル〜ジュ!プリキュア #01 真夏色キセキ 感想

ギャグアニメ、はじまりました。
現実の世相が新型コロナウイルスのせいで暗いですからね。
せめてアニメの中ぐらいは、という配慮かと。
したがって鬱展開とかは、なさそうだな。
とにかく明るく、楽しく。
そんなかんじにすすんでいくのかなと。うむ。

物語の舞台は新型コロナの存在しない世界線。つまり平行世界です。
なのでマスクしてる人なんて、花粉症などをのぞけば、ほとんどいません。

主人公は、おのぼりさん。
それを向上心というべきなのか、ちんけな田舎の島で思春期をすごしていてはダメだという判断からか、小学校卒業を機に伊豆七島の三宅島から東海汽船で本土の東京、竹芝桟橋へと向かう。
若さゆえの、体力と勢いで、なんでもやりとげようという性格らしい。
若いって、いいよね。その勘違いがさ。
敵怪人も、主人公のわき出しつづけるヤル気を吸いつくせずに困惑してたようだし。
そうじゃなくって、敵怪人さんも、リビドーを吸いつくして人類のヤル気をそいで、ほろぼしてやろうとたくらんでいたのなら、また違った展開もあっただろうに、いかんせんプリキュアだから、ネ。
これが深夜アニメだったら、敵怪人さんがリビドーを吸いつくそうと必死こいてるのに主人公さんのほうは思春期特有のみなぎる性欲のエロスで対抗して、あげく敵怪人さんが耐えかねて自爆という悲劇もあったとは思うんだが、いかんせんプリキュアだからさ。
閑話休題。
夏海まなつは、プリキュアドライバーに男根の形をした鍵をぶっさして、そのエロスパワーで、もといヤル気パワーで、キュアサマーへと変身をとげるのであった。
その気、やる気、気合いじゅうぶん。
知識、経験、ないけれど、キャラとハートで、おおまかカバーしてくのかと。
来年の2月には新型コロナも終わってればいいのですがね。ふぅ。
ママンかわいいよ。
プリズムストーンショップで次回以降のプリキュア要員がチラッと。

とりあえず、人間も人魚も、バカっぽさ全開でスタートなのかと。
というか、人魚のキャラがもうすっかり立ってしまって、もうペットいらないね、うまるん。
うまるちゃんは切絵ちゃんからの引き継ぎなんだけど、人魚のせいで影が薄そう。

ヒーリングっど♥プリキュア #45 ヒーリングガーデンの闇 感想

衝撃の最終回。
ヒーリングガーデンへの招待が実は罠だったという。急進派によるプリキュア始末が真の目的だったという。いや、ちょっと違う。しかし、人間とてプリキュアとてビョーゲンズと本質的にはなんら変わりはないのだという認識が示される。そもそもキングビョーゲンは先代プリキュアの成れの果てだったという衝撃の事実が明かされ、、、なかったが、たぶんそんなかんじで、しからば今のプリキュアもいずれビョーゲンズの親玉になるであろうことは容易に推認される。したがってビョーゲンズを浄化したのちはプリキュアも、という理屈らしい。ちょっと違うかな。
テアティーヌ様ですら、いざとなったらプリキュアを人間を浄化しても、という信念を持っていたのだ。怖いですね。しかし、そのいっぽうでテアティーヌ様はプリキュアを人間を信じたいとも。
ようするにヒーリングガーデンの住人たちも一枚岩でなく、サルローのように「すべからく人間は浄化するべし」という急進派もいるし、またテアティーヌ様のように「人間の可能性を信じたい」という穏健派もいるということで、ゆれているのだ。
プリキュアも、そして現実の我々も、常に試されていると思っていて間違いないようだ。新型コロナウイルスによる人類への攻撃も、偶然でなく、これまでの人類の悪業に対する因果の理だとして真摯に受けとめるのであれば、こののち人類がなすべき道も見えてくるというものなのだろうか。
善無くして苦を免るる、是の処り有ること無し。

ヒーリングっど♥プリキュア #23 せめて、人間らしく 感想

こちらが心を開かねば、あちらは心を開いてくれない。しかし、こちらが心を開いたからといって、かならずしも、あちらが心を開いてくれるとはかぎらない。よくわからない相手には警戒する。それは本能であり自然な感覚です。こちらが心を開いてるつもりでも、あちらがそう思ってくれなければ、あちらの心は閉ざされたままです。はたらきかけても本能で敵対してくるだけです。心をかよわせるには信頼関係が必要なのです。それには根気よく、まごころで接していくことが大切だとおもう。観念的に判断せず、こちらのはたらきかけに対して、こちらはあちらの反応をよく観察して、そこからあちらの気持ちをよく考えて、どう対応したらいいか、おもいやりをもって丁寧に接していくことが大切だとおもう。しょせん、心の中はわからないものなのです。心を開くとはいっても、それは心の入口を開くというだけで、その心の中まではのぞけないものなのです。あちらが心を開いてくれても、こちらはあちらがあちらの意思であちらの心の中から出してきてくれる気持ちを受けとることしかできない。しかし、それでじゅうぶんです。あちらが心から出してきてくれた本当の気持ち、やはりそれは言葉や行動であらわれるものだから、それを大切に受けとめてあげられることが重要だとおもいます。受けとめてあげられることが信頼へとつながるのです。他者を信じることが、自分自身を信じることへとつながり、ひいては強く生きる気力につながるとおもいます。

アスミちゃんは「かわいい」がわからなかった。しかし、いろいろ教えてもらったり経験して、さいごは「かわいい」と口をついて出てしまうのでした。ただし、そのまえに「さみしい」という気持ちがはっきりわかっていたようでした。ポチットとの別れがさみしい。ポチットが「かわいい」かどうか、それはまだ判断がつかなかったけれど、いとおしくはかんじられていた。その感情を「かわいい」とよぶのであれば、そうなのだろうけれど、そのときのアスミちゃんにはそんなことはどうでもよくて、ただ、このままなにもなくポチットと別れて関係が切れてしまうのではなく、友達になって、これで終わりにしないで、忘れないでねと、そんな純粋な願いを伝えたかっただけでした。はなれていても、またいつか会える日がくるかもしれないから、そのときはおたがい笑顔でなつかしさにひたれたらいいとおもったのかもしれません。そんなアスミちゃんのまごころがポチットにとどいたようでした。アスミちゃんがポチットの前に願いをこめて彼女の左手をさしだすと、ポチットは小さな舌でペロッとなめて返して彼女の気持ちにこたえてあげたのでした。そんなポチットをアスミちゃんは「かわいい」と素直に受けとめることができた。おもいがけず「かわいい」に気がつく展開がよかったです。

ヒーリングっど♥プリキュア #22 「スキ」って感情は、魂のきらめき 感想

地球の意思とテアティーヌの願いによって、姿かたちは人間として作られ、そしてラテを守ることをゆいいつの使命としておくりこまれた精霊少女・アスミちゃんは感情というものがよくわからない。

わからないことは、はずかしいことではない。はじめからなんでもわかってる人なんてどこにもいない。みんなはじめはわからないことばかり。そこからひとつひとつ教えてもらい、そして自力で考えて答えをみちびきだしていく。それが心の成長というものだ。よく考えて、これでいける大丈夫とおもえるようになったら実際に自分を信じて実行してみる。それで失敗することもあるだろうけれど、そのときはどうして失敗したのかを反省して次へとつなげるのだ。まちがえてもいい。まちがえないようにやろうとするのは大切だけれど、ときにそれをうわまわる感情の高まりや願いの純粋性でたちむかわなければならないことだってあるはずだから。

アスミちゃんは、ずっとそのひとつのことばかりを考えてしまい止められない気持ち、それこそが「スキ」なのだと教わる。そしてよく考えた。そうして、はじめはぼんやりとしていたものがしだいに形づくられてきて本質が見えてきたのだとおもう。「スキ」って感情は加速するけれど、暴走させてはダメなのだと。一方的で独善的な愛情のおしつけで、意に反してラテを支配してるようになってしまい、ラテの気持ちがはなれてしまった。それを反省できたアスミちゃんはラテとの信頼をとりもどせた。「スキ」は人として自然な感情のひとつ、それをすこしずつわかるようになったアスミちゃんの心はまた人へと一歩近づけたのでした。

人の心をわかるというのはむずかしいことです。むずかしいから、めんどくさいから、考えるのをやめて、逃げてしまいたくなることもあるのです。しかし逃げずに、時間をかけてでも、不器用であっても、わかろう、わかりたい、そう願う姿がアスミちゃんからは伝わってくるのです。困難から逃げず、あえてたちむかっていき、そしてみごとその困難を乗り越えたとき、得るものもまた大きいと気づいてるようにもおもえます。アスミちゃんはこれから自身におとずれるであろうかずかずの困難をやっかいなものとうけとめず、むしろそれらを自身の成長の糧へと変えていけると信じてるふしがみうけられた。明るい未来を信じられる、アスミちゃんの心の成長が楽しみです。

ヒーリングっど♥プリキュア #21 アスミちゃん、はじめての入浴でまいっちんぐ 感想

人になる。それは人間の生活様式を身につけることだけではない。そんなことは練習していけば自然と身につく。人として本当に大切なのは、おもいやりなのだ。人間として生まれてもそれだけでは、人にはなれない。姿かたちは人間でも、それだけでは不十分なのだ。健康に生まれれば体は自然に育っていくのかもしれない。しかし、心は、自然には育たない、経験して考えて意識して育てていかなければならないのである。心を育てるには、まず環境が大切なのかもしれない。いい人と出会い、薫染され、そしてそれがまたほかのだれかへとつたわっていく。病弱な花寺さんは両親をはじめとしていろいろな人たちにたすけられて今の自分がいると感謝している。だから今度はいろいろと未経験で困難な立場のアスミちゃんをたすけて、みちびいていってあげたいと。困難な立場にあっても、自助努力だけでなく周囲のたすけもかりて、よりよい方向にすすんでいける、成長できるよと。自身の経験をふまえてアスミちゃんへと伝えられたのがよかった。そこから信頼関係がめばえて、アスミちゃんの心にすこし変化がおきて、ひとつ人へと近づけたようなかんじもした。なんでもないような毎日でも、いい人たちとのかかわりをつづけていくなかで薫陶されるのでしょうか。アスミちゃんの今後の成長が楽しみです。

Gプリプリ #50 夢のその先へ、、、夢は終わらない、、、 感想

なんか、すごく良い最終回になっちまいましたね。(・∀・)
この1年の総まとめにふさわしいというか、なんというか。
そうですよね、前回の、ディスピア様をたおして、絶望を消して、めでたし、めでたし、じゃ、なんだかなー、ですもんね。
そうではなくて、「絶望はなくならない!」、では、どう絶望とむきあって生きてくのか、生きていけばいいのか、というのが示されないと、しめくくりとしては、しっくりこないですもんね。
つまりそれが今回というわけで、じつに納得のいくエピローグだった。

人間、夢や希望だけでは生きられない、生きていかれない。
というのも、夢や希望はかならずしもかなうとはかぎらないから、そこに絶望や絶望とまではいかなくても失望やら悲しみといった負の感情があるはずだから。
そうですね、世の中、基本的に競争社会ですし、それでなくても思いどおりにいかないことのほうが多いでしょう。なわけで、むしろ夢がやぶれて希望がズタボロになるほうが多いのかと。(ぇ
とにかく絶望は生まれる。
では絶望しないためにも夢も希望ももたずに生きればいいのかといえば、そうなると、それはそれで人間社会が回っていかないというか、ほんのすこしの夢も希望もなければそもそも生きる気力もわかないだろうから、そんな社会はありえない。
というわけで、われわれは、いやがおうにも絶望にたちむかっていかなければなりません。

かんたんに「絶望にたちむかえ!」といわれても、さて、どうしたものかと、というのが世の中の多くの人たちの意見だとおもいますが。
やはりカンタンではないのでしょう。
あの春野さんにしても、この1年、絶望や失敗をくりかえしてきましたし。
とはいえ、そのつどのりこえてきた。
その原動力はいったいなんだったかといえば、それは、それこそは、ほかでもない、あらたな夢や希望だったはず。
そう、絶望してくじけるたびに、あらたな夢や希望で立ちあがる、そんな心の強さが強さこそが生きる原動力。

キュアフローラが、絶望すらも受けいれて生きてきたからこそ今の自分がいて、そしてこれからも絶望であろうと悲しみであろうとなんであろうと受けいれながらも成長していきたい、みたいな宣言をして、それを聞いたクローズさんが戦意喪失したのは、うなずける。
絶望とは物理的な痛みではなく精神的なものだから、堅固な精神的な強さを見せつけられたら、こりゃ、つけいるすきがない、勝ち目ないなとクローズさんが思うのも自然かと。
クローズさんたちもはじめは物理的な攻撃をしかけてくるが、最終的には精神的に相手を追いつめて魂を抜きとる的なことをしてくるのだから。
なわけでクローズさんは人々の心が弱まってくるまでは、なりをひそめていることでしょう。
なのでクローズさんがまたあらわれないよう人々は絶望をのりこえていけるようつとめていかないとと。

それから、絶望すらも受けいれて、いよいよ夢がかなったとしても、そこでオシマイではないとも。
夢はつづいてく。
ひとつかなえた夢が、その夢を起点にまた新たな大きな夢へとつながってくと。
そんなメッセージも、あったのかなと。

うむ、絶望も夢へとつながっていけるし、夢もべつのあらたな夢へとつながっていく、いける。
きらら嬢がジャパンコレクションをすっぽかして絶望したけど次の夢へとつないだように。
また、春野さんはグランプリンセスとなりホープキングダムを救ってひとつ夢をかなえたけれどもそれは同時にカナタ王子たちとの別れという結果にもなった、しかしそれでは出会わなければよかったのかといえば、否、そんなことはなく、出会いには別れがつきもので、別れはたしかに悲しいけれど、でも出会ったからこその喜びもたくさんあった、それは良い思い出で、思い出はこれからも心の中で生きつづける、消えない、そして、いつかまた会う日もくるだろうという希望へとつながっていく、いける。だから泣いてばかりいないで立ち止まらないで前にすすもう、すすみたい、かけだしていきたい、と。そんな春野さんだったのかなと。

最後に、このGo!プリンセスプリキュアという物語において「プリンセス」という記号の意味があいまいで、よくわからなくて、そのあたりがこの物語を理解するうえにおいて障害になっていたような気もするのだが、ようするに「プリンセス」とは「夢の象徴」のことだと理解しておけばよかったのかなと。
つまり、このGo!プリンセスプリキュアという物語は、なにもプリンセス、つまり、お姫様を描きたかったのではなくて、そうではなくて、夢や希望はどうあるべきかを描きたかったのだと。
なので、へんにお姫様がモチーフだと勘違いしたままでいると、なんだかよくわかんねーなー、って、なってしまうけど、そうじゃなくって、人はどう夢や希望をいだいて生きていくべきかを描いた、つまりは夢や希望をモチーフとした人生論が1年かけて語られていたと解釈すればマチガイナイんじゃないのかなと。
とりあえず、お姫様が王子様とむすばれてハッピーエンド!みたいな話の内容ではぜんぜんなかった。(キリッ

Gプリプリ #49 みんなの夢を導くプリンセス、それがグランプリンセス 感想

夢を守るプリンセスから夢を導くプリンセスへと変貌し、みごと絶望の権化であるディスピア様を撃破したというのが今回のオチでした。
それにしてもディスピア様が動かないというか、ずっと固定されてたのが気になったな、すごく気になった…(キリッ
もしディスピア様が動けてたら、もしかしたら最後の攻撃も間一髪でかわせたのではなかろうかと…(´・ω・`)

で、けっきょくグランプリンセスというのは、そう、いつも最終決戦でプリキュアが究極フォームになってラスボスを倒しますよね、はやい話があれのことだった。
ハピネスチャージでいえばフォーエバーラブリーですが、Go!プリンセスプリキュアではフローラさんだけじゃなくて4人全員が究極フォームへと変貌をとげたという、なぜだ?なぜなんだ?…まあ、フレッシュプリキュアでラビリンスの連中の思いを受けとめて4人全員がキュアエンジェルになった的な展開だったと理解しておこう。。。でも、たしかグランプリンセスは1人しかなれない設定だったような…、うん、細かいことはもういいよ。

すべての鍵がひとつになって、あらたな究極の金の鍵となり、それで最終必殺技をはなつ、って展開が、なんかどこかで見たことあるようなないような展開だった気もするが、たぶん気のせいだろう。

まあ、ディスピア様は消えて、これでとりあえず世の中から絶望が根絶したのだろうけれども、しかし、絶望はまた生まれてくるであろうみたいなくだりがあって、それは世の中に夢や希望がある限りそのすべてがかならずしもかなうわけではないのであるから、そこからまた絶望も生まれてくるみたいな理屈で、絶望が生まれ増えていけば絶望の権化であるディスピア様もまた復活してくるであろうみたいな予言めいたことが消滅寸前のディスピア様の口から出たのは、つまりはそういうことで。
では、夢もみず希望もいだかなければいいのかといえば、否、そうではなくて、ひとつの夢がやぶれ希望がついえたとしても、それを糧として次の夢へ希望へとつないでいければ、つないでいく、導いていくよ、それがグランプリンセスだもん!みたいな内容を次回、最終回でやるのかなと。。。わかりませんが…






Gプリプリ #48 最終決戦、はじまった! 感想

とりあえずディスピア様がノーブル学園を攻めてきました。
なぜ国会議事堂とかじゃなくって、とある田舎の私立学校であるノーブル学園を攻めてきたのかといいますと、ご都合主義とかじゃなくって、おそらく、ノーブル学園には希望がたんまりとあるからで、そしてその希望を絶望に変えてしまえるのならばとディスピア様が思ったとか思わなかったとか。(どっちやねん

それにしても、なんか、最終決戦にしてはスケール感がないといいますか、スケールの小ささはいなめませんな、気のせいかな?
プリキュアで最終決戦といったら、そう、惑星が落ちてきそうになってピンチだったりとか、コンサートホールが戦艦になって発進してロボに変形したりとか、そういうスケールのでかさが売りモノだったような記憶もあるんだがな…。
ってか、プリキュアの最終決戦っていったら舞台は宇宙が定番じゃなかったかしら?(チガッタッケ?

と、とにかく、ノーブル学園島という、近隣住民に迷惑のかからないごくごく狭い場所で、自衛隊も出動することもなく、たんたんとしゅくしゅくと最終決戦がおこなわれてるというか、最終決戦の撮影がおこなわれたという印象でしたね。(キリッ

まあ、最終決戦のスケール感のなさは、さておき。(ぉぃ
今回、特筆すべきは、なんといっても七瀬ゆいちゃんその人でしょうな、うむ。ある意味、ゆいちゃんメイン回でした。
ゆいちゃん、またしても絶望の檻に閉じこめられましたがね、もうね、完全に慣れてしまってて、おそらく常人であれば意識を失ったままであったろう絶望の檻の中で完全に覚醒してましたもん。
そういえば前回、絶望の檻に閉じこめられたときは、ゆいちゃん、自分で檻の中から外へ出ようとしたとき、あといっぽのところでプリキュアに邪魔されてしまってたはず。
しかし今回は、なんぴとにも邪魔されず、自力でのみによって、絶望の檻をぶち壊し、復帰できてしまったという。( ゚Д゚)
そのながれでもって、もしここで、ゆいちゃんがなんらかのかたちでプリキュアに変身してたら、まちがいなく神だったとおもうが、いかんせんそこまではなかったという。ざんねん。
にしても、おもえば第1話で絶望の檻に閉じこめられていらい、その後いくたびか絶望の檻に閉じこめられては浄化という経験をつんで、今回いよいよ自分自身のチカラによってのみで絶望の檻から脱出できたという話の展開、これすなわちGo!プリンセスプリキュアという物語の1年間の縦軸に七瀬ゆいちゃんの成長譚が描かれてたと結論づけることもできよう。(ぇー
となると、ゆいちゃんのプリキュアデビューは次回かな?(ぇ
次回、いよいよグランプリンセスが登場するらしいですし、それが誰あろうゆいちゃんその人なのではと。(アルアル

Gプリプリ #47 それがプリンセス! 感想

まず、この番組における「プリンセス」という記号は、つまるところ「夢」と同義で、その夢とはその人にとっての素敵な「夢」のことで、それはまだ完全には具体的にこうだとは断言できなくて漠然としていてボンヤリとしてはいるのだけれどもそれがなりたい自分、あこがれの将来像みたいなかんじなのかと。
そのことをふまえて話をつづけると…
夢とは、だれかから与えられて実現するものではなくて、自分で努力してかなえるものだ、と。
まあ、このテーマに関しては今回だけではなく1年をとおして番組内でしつこく伝えてきてると思いますので、今回、べつだん驚きもなかったのですがね。
まあ、主人公である、春野さんの、キュアフローラの、マトメ回というか、そういう意味で、おさらいの意味もこめて、そう、あるいは、もしかしてこのごにおよんでまだこの番組の主題を理解できていないテレビの前の幼女様もいらっしゃることも予想してか、あえて今回こういう話のもってきかたをしたのかもしれませんね。うん、きっとそうだ、そうだ、そうにちがいない。
まあ、賢明な視聴者諸氏には、なにをいまさら感アリアリなのですが、それはさておき。
これも時代なんですかね。
だって、どう見てもカナタ王子がヒロイン枠ですもん。(ぇ
プリンセスは、プリンセスが王子様に守られて夢をかなえるって感じじゃぜんぜんなくて、そうじゃなくって、反対で、王子様がプリンセスたちに守られつつも夢、すなわちホープキングダムの復活を夢みて、とうとう今回、念願を達成したという、いいはなしだった。(ぇ

しかし、そこで物語は終わらない。
ホープキングダムは復活し平和がおとずれたが、それもこれもディスピア様がホープキングダムから興味をなくしてくれたおかげで、けっしてプリキュアどもがディスピア様を正々堂々とブッ倒したとかそういうオチではなかったから。

うむ、とにかくディスピア様が、ホープキングダムはどうでもよくなって、興味がこちらの世界へと移っていったというのが、なにか新しい展開で、笑いを禁じえなかった。

Gプリプリ #46 ああ、無情… (ノД`) 「鬱苦しい…!?さすらうシャットと雪城ほのかの甘い罠!(ネーヨ」 感想

シャットさんのマトメ回かと思ったのだけれども、どうにも中途半端感がいなめなかったという今回。
シャットさんだけに、うまいぐあいにシャットダウン完了されるのかとおもいきや、さにあらず…
というか、「その後、シャットさんのゆくえは、だれも知らない…」的な終わりかたって、どうなんだろうかと。(ハテサテ
うむ、おそらく、これは最終回に再登場するとみた!、シャットさん、そしてディスピア様に特攻して美しく散って終了という結末かなと。(ぉぃ
というのは、人間、真の美しさとは、外見ではなく、中身だとおもうわけで。中身というのはつまり人間の心で、心の美しさこそが真の美しさで、そのことにシャットさんは気がついたというか、気づくんだ。
シャットさんは表面的な美しさばかり追い求めてきたが、そんなものはすぐにはがれ落ちてしまう、そんな美しさはむなしいだけだと気づいて、あらためるんだ。そうではない、そうではなくて内面の美しさが自然とにじみ出るようでなければと。。。それで特攻を。(ぇ
いや、ちょっとちがうかな。生は有限で、死は無限で永遠だから、美しく死ねたらその美しさは永遠というか、永遠に語りつがれそうだから、シャットさんもそれにならって永遠の美しさを望むのであればミス・シャムール先生からいただいたマフラーの恩にむくいるためにも微力ながらもプリキュアの援護をするべく、かつての上司であったディスピア様をまきぞえに玉砕するもまた美のカタチのひとつと考えるだろう、ってことよ。(←自分でも何言ってんだか意味不明だがな…
まあ、わかりませんけど、とにかく、このまま今回かぎりでシャットさんが自分探しの旅に出て退場ってこともないとはおもうので…(デスヨネ?

それにしても今回のシャットさんの、おちぶれかたというか、描かれかたが、つらかった。
リストラされてホームレスになって、昼間とはいえ冬まっさかりの中で、じっとしてると寒いからでしょうか、ゆくあてもなく商店街の表通りをフラフラとさまようも、周囲の同情まったくなく、施しを渡す者もなく、あまつさえ、とおりすがりの頭の悪そうな子供に「ママぁ〜、あの人、変だよぉ〜」などと口にされ、しかも無遠慮に指さされ、あわてた母親が困惑ぎみに「しっ、見ちゃダメよっ…」って自分の子供の腕をグイッとつかんだのちはシャットさんには一瞥もくれず早足で去ってったのが、まさに、なんともいえなかったずら。
まあ、シャットさんもあの痛いカッコでふらついてたら不審者あつかいされてもしかたないとは思うんですが、それはそれ、シャットさんにも意地といいますか矜持があったのでしょうか、おちぶれても風流は忘れないお公家さんのごとくふるまいたかったのでしょうかね。うむ。

で、結局こんかい何が言いたかったのかといいますと、「シャットさん、良いお年を!」です。以上…

Gプリプリ #45 海より広い私の心も、ここらが我慢の限界よ!(・∀・) 感想

なんかね、今回の話は、私個人の事前の予想とはぜんぜん違った展開だったので驚いたというか、なんというか。

もっとこう、みなみさんが両親に本当の気持ちを伝えたとき、両親が逆上して「ええぃ、おまえなんかもう勘当だーっ!2度とうちの敷居をまたぐなっ!!」みたく叫ぶのかと思ってたのだけど、ぜんぜんそんなこともなくて。
そして、売り言葉に買い言葉で、みなみさんが「ああ、いいですとも、勘当されてやりますとも、あとで後悔すんなよっ!くそジジィ、くそババァ…」などと言い返すのかと思ってたのだけれど、そんなこともなかったという。
あまりにも融和的な親子のやりとりが、なんとも不思議で不自然なかんじもしたのだけれど、よくよく考えてみると、これは、そう、放送ではまるで描かれなかったのだけれど、兄貴の周到な根回しがあったとみるのが自然かなと。うむ。そうですよね?成田先生?

どういうことかというと…
まず、みなみさんは北風博士に自分の気持ちを素直に伝えてたでしょ。
それで、これはただごとではないと察した北風博士は後日、ないないに海藤兄にその旨を伝えてたのでしょうよ、「じつは妹さんからカクカクシカジカ打ち明けられましてね…」とな。
そうなると、妹に同情し、なんとか妹のチカラになってやりたいと願う、マコト兄ちゃんにもまさるともおとらない、重度のシスコンである海藤兄は、それならばと、両親に、両親の機嫌の良さそうなときをみはからって、みなみさんの本当の気持ちを、それとなく。
娘の本心を知ってしまった両親は困惑するも、そこは海藤兄が感情的にならぬよう、うまいことなだめすかして、とうとう説得してしまったのだろうよ。
といったぐあいに、お膳立てはできていたわけです。おそらく。
なので、みなみさんが覚悟を決めて本心をうちあけたところで、あんなかんじに、どうってことない展開になったのだろうな。うむ。きっとそうだ。テレビ放送ではまったく描かれなかったが、賢明な視聴者諸氏なら分かるだろ、察しろよ、ってなぐあいにさ。(ぇー

なんかチョットものたりない展開ではあった感じもいなめないのだけれど、これはこれで良かったのかもなと納得した。
のだが、やっぱり、勘当されて鬱になったみなみさんも見たかったかな〜と。(ぉぃ
鬱になってたとこにタイミングよく(悪く?)シャットさんがあらわれてくれたものだから、みなみさん、はらいせにシャットさんをフルボッコにしてー、みたいなながれでも…って…(ひでーな、ぉぃ
そうしてシャットさんを半殺しにして、気がすんだ、みなみさんは気持ちが前向きになり、勘当された事実を受け入れ、これからは本家にたよることなく、いつか両親をみかえしてやろうと、新聞配達のアルバイトにいそしみつつもノーブル学園の奨学金を得るべくいままでいじょうに勉学にも精進することにしましたとさ、めでたし、めでたし、みたいなオチでもよかったかなと。(キリッ

まあ、なんにせよ、家庭内でのゴタゴタはないにこしたことはないわけでして。
こんかいの話は、これはこれで良かったと、すなおに納得しておきましょうかね。

Gプリプリ #44 海藤さんちの、みなみさん、このごろ少しヘンよ♪ どーしたのっかっなぁ〜♪ 感想

こんかいは海藤みなみ嬢のマトメ回(前編)のようです。
とある大企業集団の御令嬢にも悩みはあるという、お話です。ある意味、ぜいたくな話だな…(ぉぃ

世界的な大企業グループのひとつである、海藤コンツェルンの令嬢として生を受け、幼少より帝王学をたたきこまれ、将来が約束されている、それが海藤みなみ嬢。
前回のきらら嬢がどんな困難にも負けず自分で道を切り開いて夢をゲットしていこうと励むのに対して、今回のみなみ嬢はいかにして敷かれたレールからはずれて夢をかなえていけるかがテーマになってるようです。(・∀・)

みなみは悩む。
北風博士と出会ってしまったことで、芽生えてしまった夢。
その夢に不穏で剣呑なものを直感してか、いちどは摘みとったのだが。
けれども、なんど摘みとっても、しばらくすると再び芽生えてくる、その夢。
どんなに気持ちを押さえつけてようとしても、眠って意識が無防備になると、心の奥底に沈めていた本心が無意識のうち浮かびあがってきて、目が覚めると心が掻き乱される。

みなみは思う。
いままでずっと、将来は海藤グループの経営に参画するつもりだったけど。
それがずっと私の夢だったけれど。
それって本当に私の夢だったのだろうかと。
「私の夢」って、本当は私が自発的に描いたものではなくて。
そうではなく両親や兄によって誘導されたものというか。
まだカラッポだった幼い頃の私の夢の器に、しらずしらずのうちにそれを「私の夢」として植えつけられたというか。
そうおもわされて育てられてきたのではと。
でも、そうだとしても、それが家族の期待で、海藤家に生まれた者のさだめで使命だというならば従うのも道理というか。
家族の期待を裏切ってまで本当の自分の夢を追いかけてよいものかと。

みなみの痛み。
まるで心にトゲが差さったよう。
ほんらいならば、いとおしく、ことほぐべき、心にめぶいた夢の萌芽が、いまはただの異物で、違和感でさいなむだけなのだ。
夢をみるのが、どうしてこんなに苦しいのだろう。
いままでは家族の期待にこたえることが夢であり、喜びとし、迷わずに邁進していた。
なのに今は…
家族の期待と自分の夢が一致していたときは幸せだった。

みなみの決心。
迷っていては、夢のチカラも弱まるばかりだから。
なにをやっても中途半端になるだけ。
だから迷うのをやめた。
もう迷わない。

♪ ♪ ♪

北風博士と出会ってしまったことで生まれてしまった夢。
では、北風博士と出会わなければ生まれてこなかったのかといえば、否、そうでもないでしょう。おそかれ、はやかれ。
夢は、みなみさんの本当の夢は、もう、とっくに芽生えていて、静かにはぐくまれていて、かすかな胎動を感じていたはず。
みなみさんの海への漠然とした憧れは、すでにキュアマーメイドとして権化されていたわけで、それすなわち、みなみさんの本当の夢というわけでした。
つまり北風博士との出会いは、みなみさんが彼女の本当の夢を生みだすための最後のキッカケだったというわけでした。たぶん。

Gプリプリ #43 らんこレボリューション!わたしの歌を聴けぇ〜 感想

ひさびさの、一条らんこ、かわいかった。(´ヘ`;)

(・∀・)

夢。
自分の夢をすててでも誰かの夢を守るのが前回の話だった。
夢を守るのがプリンセスプリキュアの資格で使命だからと悲壮感ただよわせた。
ひるがえって今回は、誰かが、みんなが私の夢を守るというか応援してくれる、というような展開だった。
ようするに、きららマトメ回の前後編あわせてで「夢の双方向性」みたいなのが描かれてたというか、ヒーローだからといって絶対的にストイックでないとダメってこともなくて、守ったり守られたり応援されたりでいいんじゃね?ってことなのだろう。

ノーブル学園の連中が、きららに内緒で、こっそり準備し、開催したファッションショー…らしきもの。
そのファッションショーらしきものは、つたないものではあったが、きららの琴線に触れるにはじゅうぶんな内容で。
モデルへの夢はあきらめたと自分で自分をごまかしていた、きららに素直で正直な気持ちをさらけだせるようにさせたんだ。

そして、日本で干されて仕事ないなら、海外で活躍すればいいんじゃね的な話のマトメだったのかなと。(ぇ?ちがぅ?
そうですよね、世界は広いですから、なにも日本にこだわる必要も理由もないわけで、どんどん新天地を求めて、新しい自分を!というのが結論なのかと。(たぶん

けっきょく、夢へむかう道、夢をめざす道は、ひとつじゃないってことを伝えたかったんでしょうな、たぶん。
ニューヨーク開催のジャパンコレクションは、きららにとって、たしかにビッグチャンスではあったけど、だけど、それだけが世界的トップモデルへの道ではない。
ひとつ道がとだえても、ほかにも道はあるんだと。だから、道を探せと。
パリで実績をつんで、それから日本に凱旋帰国という道もあるとおもうのです。

まあ、「グリンゲイブルズのアン」という有名なお話でも、成績優秀で奨学金をゲットして大学進学を決めたアン・シャーリーだったのだが、育ててくれた恩人のマリラを看病するため大学進学をあきらめた、でも不幸ではなかった。不仲であったギルバート・ブライスが地元の学校の先生の職をゆずってくれたりなんかもして応援してくれて。
で、よく知らんが、けっきょく何年かあとアン・シャーリーは大学行ったんだろ?
つまり、とおまわりしても、まわり道しても、夢はつづけられるよってことで。
きららの場合とは、ちょっと違うかもしれんがな。。。

とにかく。
夢、あきらめないで… ってのが結論かと。。。

といっても、若いうちは…だけどね。。。いいとしこいて、夢、夢、ほざいて、おいかけてるのも痛いので…(´・ω・`)

Gプリプリ #42 強く、優しく、鬱苦しく 感想

さてさて、今回のお話は…。天ノ川きららさんが自身の夢、世界進出への橋頭堡となるであろうジャパンコレクション行きの切符を手にするも、どたんばになって心に迷いが…。そしてあろうことかジャパンコレクション行きをすっぽかしてしまう。でも天ノ川さん、後悔なんてしないもん…、いやホントは後悔してる…、いや後悔しないししたくない…だって大切なもの、守れたんだから…、と揺れるおっぱいの気持ち、もとい、胸の気持ちを丁寧に描いて、最後は、だってどっちも本当の気持ちだから…的なちょっとせつない余韻とともにしめくくられ、なんかせつなかった。うん、つまりどうなったのかといえば、天ノ川さん、大きな夢はおろか、いつものモデル業そのものまでもが廃業の危機に直面してしまったという、/(^o^)\ナンテコッタイな感じの鬱展開なのでした。
なんかね、こう言うのもなんですが、プリキュア的には意外といいますか、もっとこう御都合主義的に、( ;∀;)イイハナシダナー的に、めでたしめでたしで鼻白んで終わるのかと思いきや、ぜんぜんそんなことなくて、厳しい現実を見せつけたオチになってたのが、なんともいやはやで。(ノД`)
すべての夢をすべての人の夢を守ろうとしたら現実世界ではやってけないよと、そんな悲しくも当たり前なメッセージを視聴者諸氏に伝えたかったのかな、こんかい。( ゚Д゚)

むべなるかな、やはりプリキュア業は読者モデル程度となら兼業できても、プロの本格的なモデル業との兼務は非常に困難だということなんですね。うん、わかるよ。
プリキュア業、それは治安維持のために執行される秘密結社によるボランティア活動です、なかなか大変です、ケガしても労災もないのでしょうし、ある意味、過酷な奉仕活動でして滅私奉公、けだし分別ある大人なら割りに合わないとして断わるところですが、やはりそこは若くて正義感があってそしてわりと時間に融通がきく学生さんだとウッカリひきうけてしまうのでしょうかね、プリキュア業。
しかし、天ノ川さんはプロのファッションモデルで、遊びじゃないですし、いそがしいですから、そういえば1度はプリキュア業を断わってなすってたはずですが、情にほだされてかプリキュア業をやることになっちまいましたよね。
まあ、天ノ川さんにとってプリキュア業は、モデル業をするうえでなにかしらのメリットはあったにはあったのでしょうが、でも、どだい天ノ川さんにプリキュアは無理だったのでしょう。
うむ、それで、くだんの天の川さんもバカじゃないですからね。
今回のジャパンコレクション行きをいい機会にプリキュアやめてモデル業に専念したいと、プリキュア業もそろそろしおどきだなと、ありがとうプリキュアそしてさようならと、そう考えてたのは確かでしょう。(ぇ
てなわけで、いちどは戦場を離脱して空港に向かうも、しかーし、とちゅうできびすを返して戦場に駆け戻ってきた。
なぜか、それはあの娘さんの夢を知ってしまったから。あの娘さんの夢がほかならぬ天ノ川きららその人だったから。そうですね、ここで見捨てて知らんぷりしてとっととジャパンコレクションとやらへと向かっていたとしたら、どうだったでしょうか。天ノ川さん、たとえジャパンコレクションで成果をあげてビッグになれたとしても、なにか虚しいといいますか、それって人として人間としてどうなの?みたいな感情にさいなまれそうだったのかな。だから戻ってきた。もう損とか得とか、そういう問題ではなくなってたから。

人を殺して自分が生きるというのが浮世の定法だとは理解してはいても、汚ない芸能界にもまれて多少なりとも擦れているとはいえ、まだまだ股間にうっすら毛がはえはじめたばかりであろう中学生、天ノ川きらら、まっすぐで純粋でそして少しばかり危なっかしい正義感を完全には失なってはいなかったということなのだろう。

夢へのビッグチャンスをパーにしてしまい、あまつさえジャパンコレクションをすっぽかしたことでモデル業界での信用を失ない、しこうして通常のモデル業すらも継続困難となってしまい、やんぬるかな、もうモデル業やーめた、でもそれでいいのか天ノ川きらら?!といったところで次回に続くという、まさかの2話構成で、びっくりしたなもう。

Gプリプリ #41 やりたいようにやればいいじゃん、ぜんぜんオッケーだし 感想

ゆいちゃんメイン回でしたが、またしてもゆいちゃんの夢が閉じこめられ、もう何回目だよッ!ってツッコミを視聴者諸氏がテレビの前でつぶやく姿が目に浮かぶようでしたが。それにしても、ゆいちゃんも期待を裏切らない。ゆいちゃん、絶望に対する免疫力がもうハンパなくなっててその免疫力のすごさに敵さんも肝を冷やすというのだから驚くばかりだよホント。そして、ゆいちゃんがネガティブハートにロックオン的に、あたしのこころアンロック的な展開へとすすんだのが、なにかいい話のようでもあり、同時に、なぜか笑いをも誘うのでありました。

けっきょく、ゆいちゃんが新プリキュアになりかけたところで、あのまま放置しておけば自然、ゆいちゃんはプリキュアになったであろうが、いかんせん既存のプリキュアどもがそうはさせじと必殺技で浄化してしまう。。。これは新人潰しなのか?古株の危機感なのか?そうなのかぁ〜?…どうなのヨ?(´・ω・`)
とにかく、ゆいちゃんのプリキュアデビューはおあずけというわけで… _| ̄|○

なんだろな今回、ゆいちゃんがプリキュアデビューするでもなくコンクールで優勝していい気になってその勢いで調子にのってパリに留学して退場でもなく、ふつうにいい話で終わらせてたような気がしないでもないのだが……これでいいのか?

それにしても今回の話は、どうしても中途半端感がいなめず、いや、その中途半端感こそがゆいちゃんで、ゆえに、ゆいちゃんのマトメ回にふさわしいんだ的な製作者側からのメッセージと受けとめるべきか。。。( ゚Д゚)エッ

まあ、おそらく、ゆいちゃんのプリキュアデビューは最終回かなと。(ぇ
そう、ゆいちゃんは最終回に「終わりのドレスアップキー」なるものを手に入れ、その力でアルティメットプリキュアとなり、ディスピア様のみならず、世界を破壊し、しかるのち、新世界を誕生させるみたいな… そうです、ゆいちゃんが天地開闢の神となるってオチでしめくくられるとみた!Go!プリンセスプリキュアという物語は…(ぉーぃ

Gプリプリ #40 開け!夢の扉!! 感想

こんかいのお話はロイヤルキーの導きによってホープキングダムに行き、すったもんだあったすえにトワさんの心の成長があり、そして最後に夢ヶ浜とホープキングダムを自由に行き来できる扉があらわれたという、まあ、そんなとこかな。
まあ、最終決戦はホープキングダムでおこなわれるのでしょうから、このさき自由にホープキングダムに行かれないと都合が悪いというわけで、あの扉、まあ、ヘルヘイムの森とこちらの世界をつなぐクラックみたいなものなんでしょうけど、そう、ユグドラシル・コーポレーションが管理してたやつね。

王族は国民の鏡である、みたいなことが語られ、だからこそ王家の人間はいつも笑顔で国民に希望を与えるよう心掛けないと、というような描写があって、うむ、たしかにそういうのはあるだろうなと。
わが日本国でも、先日、秋の園遊会がもよおされ、雅子さまが12年ぶりに出席されたとのことで、少し安心できましたし。
トワさんも王族としての矜持というか、王家の人間としての自覚というか心構えみたいなものをハッキリと認識できるようになりパワーアップしたようだった。

それにしても今回はディスピア様が錠前からインベスを召喚してて、なんだそんなこともできるんだと驚いたね。
あと、プリキュアの変身アイテムは、あいかわらずゲネシスドライバーだし。
なんとなく、このGo!プリンセスプリキュアという物語のオチが見えてきましたね。(ぇ
そう、ホープキングダムは復活せず、そのかわり、春野さんとカナタ王子が、はじまりの女とはじまりの男となって、宇宙に旅立つんだ… おそらく(ぇー

Gプリプリ #39 夢、それが私のすべて… 感想

なかなか良い展開でした。

夢をなくした春野さん、変身をこころみようとドレスアップキーをプリンセスパフュームにさして回してみるも、まったく反応してくれない。プリンセスパフュームは夢をエナジーとするエンジンだから、夢をなくした春野さんが変身できないのは、しごく当然の理(ことわり)なわけなのです、はい。

夢がなければ変身できない。では、どうやって夢をとりもどし、変身できるようになったのか。それが今回のお話でした。

春野さんが自身の夢をとりもどしていく過程をみていくと、やはり自分ひとりで自分の心の中で過去を内省するというか、自分の夢とはそもそもなんだったのか?をもういちど夢をはじまりからなぞって見ていくしかないということなのかと。そもそも夢とはもっとこう具体的なもののはずだったのに、いつのまにか「夢、夢、夢…」と心にきざみつけていくうちに抽象的な記号にされていってたのかな。それで、なぜプリンセスになりたいのか、なりたかったのか、それが分からなくなっていた。それを思い出すべく、そのはじまりをひもといていくと、それはプリンセスは「キラキラかわいいから…」とホントそれだけのささいな理由からだったという。だが子供の頃の夢なんてホントしょせんそんなものなんだろうなと。それはいいとして、では、そこからその夢へのおもいを続けられ育てていけるのか、どうやらそこが大切なようだ。そして、夢のはじまりというか、はじめに夢のコアみたいなものがなければ、なにごともはじまらないみたいな印象もうけた。夢が向上心をうながし、さらなる高みへとめざしていける、そうしてまた夢は大きくなるの好循環。はじめは小さな夢の核が、しだいに転がる雪ダルマのように大きく成長していく成長していけるのだと。また自分が夢をもとめて上をめざして行動していけば、しぜんと同じような境遇、夢を、上をめざしている人たちとも出会え、たがいに良い意味で刺激しあえるし、たとえその人たちと目指す方向がちがって別れのときがきたとしてもそれは決して今生の別れではなく、たがいに夢をもちつづけ精進していればそのうちその夢どうしがひきあうというか夢が夢に導かれてまたどこかでゆくりなく再会できる日もくるだろうということもあるかもしれない。そういう意味でも夢は孤独ではなく、可能性なのかもしれない。カナタ王子の記憶が戻ったのも偶然ではなく、春野さんの夢が導いたわけですし。

で、けっきょく春野さんが、自分の夢とはなにか?を自問したところで、その答えは夢を追いつづけてるキラキラ輝く可愛い自分自身というわけでした、たぶん。きわめるところプリンセスになるというのもすなわち今の自分の夢をもっともっと大きくしようと努力している自分自身の姿そのものであって、すなわち、ここでプリンセスとはなにか?何者か?という答えが明示されてたようで、そう、つまり、「私がプリンセスよ!」みたいな「俺がガンダムだ!」的な解答が得られたというオチのようだった。よくわからないが、自分でも何を言ってるのかよくわからないが、とにかくカナタ王子の「夢は君の全部なんだね」発言からもそのことがうかがわれるのかな〜と。

畢竟、春野さんが夢を否定することは自分自身の存在を否定することに等しいということでした。だから、だからこそ、春野さんは誰に否定されようとも、また絶望しようともそのつど何度でも立ちあがらねばと、自分が自分であるために夢を持ちつづける、持ちつづけねばと悟ったのでした。

Gプリプリ #38 黒須 感想

今話は、いつもの1話完結ではなく、次回とあわせた前後編のうちの前編という位置付けでした。
なわけで、ある意味、消化不良で、しかも主人公が鬱展開になって次回に続く!だったので、いやがおうにも次回の展開が気になりました。
と、ところが次週は、な、な、なんと、お休みというんだから、ホントにもう、もったいつけるなぁ〜

と、それはさておき、さてさて、今回わかったことは…
春野さんの心の支えがカナタ王子だったということです、はい。
いや、もう、そんなことは視聴者諸氏、ずっと前から知ってたことなんですがね、ですが今回あらためて春野さんの心の支えがなんだったのかを浮き彫りにされたという印象だった。
春野さんは自身の夢、すなわちプリンセスになる、なれるという夢をずっとずっと信じてきて、そして、たとえ誰かに、心ない輩にその夢をバカにされ踏みつけられ、あまつさえ汚いツバをペッてされても決して決してあきらめることはなかった、そう、くじけそうになってもそのつど立ちあがってきたんだ、うん、で、なにが春野さんをしてそうさせてきたのかと問えば、それは幼少のみぎりに出会ったカナタ王子の言葉にはげまされそれを支えに今日まで支えられてきたからなんだ。
だがしかし、今回、その誰あろうカナタ王子その人から直接に「もう、プリンセスにならなくていい…」と。
これで心がボキッと折れてしまたキュアフローラこと春野はるかさん。
ええ、もちろんカナタ王子に悪意はなく、むしろ善意からそれが春野さんのためだと、苦しむ春野さんを見るに見かねての親切心からのカナタ王子からの提言だったのですが、皮肉にもそれが春野さんの心を殺してしまう結果に導いてしまったとな。

カナタ王子は記憶喪失で、なにもおぼえてないから、罪はない。
だが、罪がないかわりに、たちが悪い。
はたして、ここからカナタ王子の苦悩が、苦悶が、はじまるのだろうか。
カナタ王子は、なぜ春野さんの心が壊れてしまったのか、それが、その理由が分からない。
おそらく原因は自分自身の失われた記憶と関係してるのだろうぐらいのことはさっしがついてるのだろうけれどもそれが具体的になんなのか皆目見当がつかない。
カナタ王子はカナタ王子で春野さんとは違う次元で苦悩するというか、自分の存在が何で、さて、いま自分はいったい何をなすべきか、それが分からない、みたいなかんじで鬱になるのかな。
人間の心の闇が描かれるというか、鬱展開はなかなか面白くなりそうなんですが、はてさて、どうなることやら…

うーん、それにしても次回の展開がどうなるのかは、予想が難しいといいますか、いろんな展開がおもいうかびそうなんですが…
まあ、展開の1つとしては、春野さんがカナタ王子から卒業するといいますか、カナタ王子のためとかじゃなくて本当に自分のためだけに夢を追いかけていこうと春野さんが決意して、またプリキュアとして戦ってくみたいな展開も予想できそうです。
つまり、自分の夢は誰かのためではなく自分のために自分だけのためにと、春野さん。
なにげに春野さんのプリンセスをめざすという夢は自分自身のためだけでなく、カナタ王子への淡い恋愛感情的なものもあって、つまり自身がプリンセスになることでカナタ王子に喜んでもらえる、ひいてはカナタ王子の気を引くことができる、みたいな気持ちも皆無ではなかったはずだからね。
それでも春野さんが自分の自分だけの夢に向かってまっすぐにつきすすむ姿にまたカナタ王子が惹かれるようになり、触発され、ひいては記憶をとりもどし、カナタ王子も自分の夢、すなわちホープキングダムを復活させるという夢もとりもどす、みたいな展開になるのかなと。
つまり今度はカナタ王子のほうが春野さんから与えられて1歩踏みだせるようになる的な展開もありそうだなと。
うむ。
まあ、わかりませんけどね。
とにかく次回を待ちたいです。はい。

Gプリプリ #37 ロミオとジュリエット 感想

カナタ王子のメイン回でした。(ぇー

カナタ王子はノーブル学園の生徒ではありません。
カナタ王子はヴァイオリン屋に居候してます。戸籍はありません。難民です。(ぇー
カナタ王子は、こっちでは、おそらく「紅城カナタ」の通名なんだな。

なんかね、カナタ王子の存在がさ、むりやり馴染ませちゃてるといいますか、むりやり物語の中にねじこんでる感ありありで、違和感といいますか、つまり、カナタ王子の立ち位置といいますか、キャラのポジションがあいまいな印象もあるんだが、どうなんだろ?
カナタ王子は、いつ変身するんだろ?そう、ヴァイオリン仮面にさ…(ぇ

にしても、なんか、カナタ王子、普通に暮らしてる印象なんだけど、どうなんだろ?
もっと、こう、失われた記憶に翻弄されてるといいますか、自分の過去が存在が分からなくて苦悩するみたいな描写はないの?ないのか?これからなのか?…(ぇ
いや、夜、ひとり泣いてるんでしょうね、カナタ王子、そう思いたいです。(キリッ

それにしてもカナタ王子の「ぼくが代役やります、やらせてください!!ぼくのほうがぜったい華がありますし、ええ、ぼくがやったほうがずっとずっと舞台が映えますし…、ねぇ、みなさんもそう思うでしょ?、ねぇ、ねぇ、ぜひに、ぜひにぃ…、、、僭越ながら」との提案に対して、はるはるが「だが断る」と応じたのは良かったね、よござんしたね。
まあ、プロフェッショナルな演劇なら、いざしらず、学園行事のお遊び演劇会ですもんね、わざわざ代役たてるまでもなく、また代役たてたらたてたで批判をあびるであろうことは容易に想像できるわけで、であるのであれば、ぶざまな舞台になったところで、どうってことないですし、内申書にひびくこともないですし、というか、むしろ足のケガをおしてまで演じました的な、そう、ここで無理をすればもう一生歩けなくなるかもしれないとの医師の診断をも無視して敢行しましたといいますか、僕、この劇に人生ささげて演じました的なアピールができたのなら観客や先生方の同情もゲットできて、むしろ大成功なのではと…(ぉーぃ
しかし、あにはからんや、舞台は、はるはるの見事なアドリブで、むしろ内容的に大成功してしまいましたというオチで、ほんと本番になると腹がすわるといいますか、ほんとスゲーわ、はるはる。

で、メンツまるつぶれのカナタ王子でしたが…(ぇ
そこはそれ、はるはるの、いきなはからいで、カナタ王子は、くれなずむ浜辺で、はるはるとふたりだけの演劇会をもよおしてもらい、いい雰囲気になりましたとさ、めでたしめでたしと。

つーかさ、カナタ王子、プリキュアが戦ってるとき、七瀬とふたりで仲良く見物してるのは、どうなんだろうかと…
ここはひとつ、カナタ王子、海岸で開眼して変身して、えっと今回は、那須与一資孝でしたっけ???とにかく弓の名人のチカラでゼツボーグを倒すぅ、みたいなのが見たかったぁ〜 ( ゚Д゚)

Gプリプリ #36 開眼!みなみん!夢!海獣医!! 感想

まあ、だいたい今回の話のオチは予想できてましたがね。(ぇ
しかしオチが予想できてたからといってダメってわけでもなく、それはベタな話であっても、その話のもってきかたが重要なわけですから、なんら問題ありません。(キリリ

今回のお話のテーマは、みなみさんの将来の夢です。

みなみさんは海藤グループの御令嬢で、そして当人もものごころついたときから将来はなんらかのかたちで海藤グループの経営にかかわりたいと、ばくぜんと考えていたのだろう。
ところが今回、おもいがけず、海で仕事をする素敵な人との出会いがあって、みなみさん、その人の仕事に対する思惟や熱意や心構えにひかれていき、そして、なにやらおもうところがあって、なにか心に決めたような描写があって、でもそれは決して具体的にはしめされず、でも視聴者諸氏にはだいたい察しがつくような、ああ、この人に薫陶されたいわ的な(;´Д`)'`ァ'`ァ、そんな、みなみさんの胸をこがすような心情を静かに語るような描写が最後の最後にあって、ああ、そうか、そうか、わかったよ!的な、いいかんじの余韻をひきずりながら静かに終了したなと。
ある意味、中学生日記的な話だったのかもと…(チガウカ?

うむ、こうなると、みなみさん、大学は法学部とか経済学部とかじゃなくて、そうではなくて、よくわからんが獣医学部とか海洋学部とかそっち系なんでしょうな。
とりあえず、あの博士のいる大学だか大学院だか研究室をめざすはず。
あの博士も純粋な気持ちで、みなみさんを誘ってたとおもうので…。。。
というのも、まさか、あの博士、束縛されず自由に研究やらなんやらしたいからとの理由で海藤グループには入りたくないけど、海藤グループとのコネは失いたくないというか、そうですね、研究にはお金がかかりますからね、きれいごとばかりは言ってられません、で、海藤グループを金づるにしたいとはおもってて(ぉぃ)、そのためにウブな中学生のみなみさんをうまいこと口車に乗せてとりこみ、しかるのち自分の子分にしようとか、そんな腹黒い思惑がじつはあるんだとは考えたくもありませんので。
でも、もし、あの博士が本当にそんなクズだったら、絶望するよ、いますぐ。( ゚Д゚)

Gプリプリ #35 カナタ王子、記憶喪失 感想

カナタ王子、生きてた。。。( ゚Д゚)
海岸で倒れてたところを親切な爺さんに助けられてたとのこと。
で、先週、町をほっつき歩いてたのは、なんの用よ?

カナタ王子。
生きてたことは生きてたけど、記憶喪失に。
まあ、ここで記憶もバッチリで生還しましたってよりも、記憶喪失ってほうが今後もイロイロと話の展開に幅をもたせられるし、年間をとおしてのお話の数でも尺を稼げるし、うむ、そういうことね。(ぇ

あるいは、ここから、カナタ王子が主人公になっていくのかな?(ぉぃ
失われた記憶をとりもどすために戦ってく、みたいな。
ヴァイオリン職人の爺さんからカナタ王子にエンゲージドライバーがあてがわれ「記憶をとりもどしたくば戦え!」と。(ぇー
それからカナタ王子の、仮面ライダー☆カナタの戦いがはじまり、ドキドキ経由の烈車に乗っての旅がはじまる、みたいな。
そして、見えたぞ僕の終着駅!的なながれでディスピア様を倒し、ホープキングダムはもとにもどり、めでたし、めでたし的なフィナーレをむかえて、Go!プリンス☆カナタという物語は終了。
つまり、前回までのプリンセスプリキュアは長い長〜いプロローグだったんだ。。。( ゚Д゚)エー

と、冗談は、さておき。。。(ぉぃ
記憶って、やっかいですね。
記憶がもどったかいなかって、本人にしか分からないですから。
最悪、悪意をもって記憶喪失のフリをしてるケースだって、あるかもしれません。(ぇー
まあ、カナタ王子は、カナタ王子に限っては、そんなことないと信じたいのですが、人間の心の闇というものは分からないものですから…(ぇ
春野さんたち、いろいろと情報やら刺激やらを与えてみて、カナタ王子の脳ミソにはたらきかけるも、カナタ王子の記憶はいっこうにもどらぬご様子。
いや、ここはカナタ王子じゃなくっても、記憶がもどっていても、もどってないふりをしておきたいところかと。(ぇ
だって、みんな親切じゃん。
なので、記憶喪失で可哀そうなイケメンの王子様でいたほうが、いつづけたほうが、なにかと好都合と考えるのは自然かと。(ぇー
ヘタに記憶がもどったことを悟られたりしたら、邪険にあつかわれる恐れがありますからね。
そうならないためにも、カナタ王子、悲劇のヒロインを演じつづける必要があると自覚してるっぽいなと。それこそ邪推かな?

ゲフンゲフン
えっと、まあ、こんごの展開としては、いつ、いかなる状況で、カナタ王子が記憶をとりもどすのか?ってのが興味のあるとこではありますな。(キリッ




Gプリプリ #34 きららのポニーテールが可愛かった件 感想

なんかこう、最後に、カナタ王子らしき人物の後ろ姿が、が、が、( ゚Д゚)、みたいな終わり方って、どうなんだろうかと?
こんかいの話のながれとは無関係に最後、カナタ王子がひとり町をほっつき歩いてました的なオチで終了して次回にふくみをもたせて続くっての、なんか唐突でヤダな〜と。
前回もそうでしたね、敵を倒してひとまず一件落着したあと、話のながれとは無関係に、カナタ王子のものらしきバッジだかボタンだかをゲット!みたいな展開。
これから何話も、そのときのメインの話とはまったくもって無関係に最後の10秒ぐらいに恣意的にキッカケみたいなのを入れてって、むりやりにカナタ王子の発見につなげていくのかなと、思いきや、さにあらず、次回いよいよカナタ王子再登場らしい。
工工エエエ(´Д`;)エエエ工工

こんかいの話は、かなり強引な展開で、プリンセスコンテストを見学しに行けばいいだけの話だった印象なんですが、なぜか、はるはるがプリンセスコンテストに出場することになって、なので、はるはるメイン回かな〜と思わせといて、じつは、いちおう、きららメイン回ということらしかったです。うむ、複雑だな。
ひさしぶりに労働してる、きらら嬢を見たような気もするんだが、それはさておき、撮影の都合で途中ポニーテールにしてくれた、きらら嬢、可愛かったです。もうそれだけで、おなかイッパイみたいな。ずっとポニーテールにしてればいいのにと思いつつも、ポニーテールをつうじて臨機応変の大切さを諭すんだな、きらら嬢、すっとこどっこいなはるはるに。
きらら嬢の教えを墨守し、はるはるは、ケーキがなければクッキーを食べればいい、お化粧できなきゃ、しなけりゃいい、ドレスの丈が長けりゃ短かくすればいい、と、ピンチをチャンスに変えて、みごと優勝!とはいかなかったものの審査員特別賞をゲットできましたとさ。よかった、よかった。
べつに、プリンセスコンテストで優勝すればカナタ王子に会えるんだぞ!みたいな伏線はなにもなかったはずなので、はるはるもべつにそんなにがんばる必要もなかったような印象だったのですが、なぜかがんばる。
なんかもう途中から、いや、最初っからかな?、プリンセスコンテストに参加する目的が、カナタ王子に会うためではなくて、賞をとることになってたというか、それどころか賞をとらなくてもコンテストでいかに自分をじょうずにアピールできるだろうかに重点がおかれちまってたような印象を受けたのは気のせいではなかったはず。
けっきょくカナタ王子が話題になってたのはアバンとBパートのほんと最後んとこだけだったし。
はるはるがプリンセスコンテストに出場するキッカケとしてカナタ王子は利用され、とうちゅうカナタ王子の話題はまったく出ず、最後に思い出したようにカナタ王子には会えなかったね残念でしたでまとめようとしたそのとき、ふと目にした街の風景の中にカナタ王子らしき紫髪の人物をチラッと認識したのだが遠くてよくわからないし、カナタ王子のことを話題にしてたせいでつい見まちがいかをしたのか?、確認しようと追いかけようとしたもののタイミング悪く信号機がマッテローヨの赤になってしまい、イッテイーヨの青というか緑になったそのときにはもう町の雑踏のなかにまぎれ紫髪の人物は姿を消していたという。残ったのは虚しさの余韻だけだった。
だれだったのだろう、あの人は…
とくかく次回、カナタ王子、登場だそうです。。。
┐(д`)┌ヤレヤレ

Gプリプリ #33 守りたい、その笑顔…( ゚Д゚) 感想

ミス・シャムール先生のメイン回だったようだ。

ミス・シャムール先生いわく、「笑顔を守るのがプリンセスプリキュアの使命」だそうで。
ある意味、人間を守るのが仮面ライダーの使命ではないのか?!、に通ずるものがありそうだ。(ぇ

その昔、「笑うかどに福きたるでしょ♪」的な歌があったような気がします。
そう、ネガティブをぶっとばすためにも笑わなければッ、ってことで、お化粧したり、オシャレしたり、ドーナツ食べたり、と。
お化粧とオシャレは、心の栄養ですかね。
食事のほうは、そう、おなかがいっぱいになると笑顔になれるってのは、大森ゆうこさんの持論でしたし。
精神的にも肉体的にも栄養をつけてこそ、人間にしても猫にしても妖精にしてもシャットにしても笑顔になれる、ってことでしょうかネ。

まあ、あとはミス・シャムール先生も普通に戦闘能力があるんだな〜って。
そして最後に、オウム真理教のプルシャを拾って、うむ、これはカナタ王子のもので、つまりカナタ王子が近くにいる証左だ、マチガイナイ、みたいな伏線を張って終わったのが唐突すぎて違和感だった。(ぅぇー
これは近いうちに、闇堕ちしたカナタ王子が見られそうだ… 絶対運命黙示録…

Gプリプリ #32 キミマロ 感想

はい、今回は、尺稼ぎのゲスト回でした。。。(ぉーぃ
えぇ、そうですね、プリキュアは1年の長丁場ですから、こういった話は普通に用意されてるのです。
そして今回の話は、プリキュア的に規格化された構成のひとつが素直に展開されてた印象を受けましたぁ。すなわち…
ゲストキャラ登場→ゲストキャラ悩む→ゲストキャラは心の弱みにつけこまれ怪人にされちゃう→プリキュアに浄化される→ゲストキャラは悩みをのりこえ諦観するようになる→めでたしめでたし
とまあ、こんなとこだ。(ぇ

今回のゲストキャラは、みなみさんの幼なじみで、とある財閥のバカ息子…もとい、御曹司で、しかも、みなみさんのフィアンセを僭称してて、イギリス留学中なのですが今回プリキュアにゲスト出演するために一時帰国したという、伊集院キミマロ君です。
キミマロ君、まあ、その髪型はいいとしても、学校で制服を着用しない、警備員を常時はべらせてる、などなど、奇行が目にあまるのですが、それでもそれを学園としても許容してるところをみると、やはり伊集院財閥からかなりの額の寄付があって、伊集院財閥の御曹司であるキミマロ君には強く言えないみたいなのがあるのかと。(ぇ
まあ、そんな、お金持ちでセレブなキミマロ君なんですが、お金のチカラでなんでもできそうなんですが、いかんせん、人の心は、恋慕う女子の真心は、お金ではどうすることもできない、というか、海藤家もじゅうぶんお金持ちなので、札束をチラつかせて言うこときかせようとしても無理なのでした、というか、そんなことしてませんからキミマロ君。(キリッ
まあ、とにかく、精神に少し異常がみられるキミマロ君なのですが、いかんせんそんなキミマロ君に意見する人など皆無で、というかキミマロ君の意にそぐわないことをぬかす輩はすぐに解雇されますので、失業したくない連中は自身の心を凍らせて、自身の心を殺してキミマロ君に従うだけなのです、それが世の中なのです。(ぇー
そして、だれもキミマロ君に説教しないものだから、とうのキミマロ君はますます調子にのって、自分のしたいほうだい、やりたいほうだいとなってしまうのでした。
キミマロ君は自分の価値観というか理想を、みなみさんにおしつける。
しかし、みなみさんはキミマロ君のおもいえがいたようにはふるまってはくれない。
なぜだ、なぜなんだ?と思案したあげく、キミマロ君ははたと気がつく、そうだ、春野さんが悪いんだと。春野さんとつきあうようになってから、いとしのみなみさんがおかしくなった、ならば、みなみさんから春野さんを遠ざければいいんだと、そう結論づけたキミマロ君はさっそく行動にでる、春野さんがひとりのときをねらって春野さんに近づき札束をさし出し、あげく「君がいるとみなみに悪影響が…、だから、これを持って消えてくれ…」と懇願したんだッ。(してねーよ
だがしかし、そのやりとりのいちぶしじゅうを、みなみさんに見られて聞かれてたんだな、これが。

かくして、春野さんの買収に失敗したのみならず、みなみさんの信用までもを失なったキミマロ君。。。まあ、もともと信用なんてそれほどなかったんですけどねキミマロ君。
と、とにかく、うちひしがれるキミマロ君はミッキーたちに怪人にされちゃたんだ。
そしてそのあと、れいによってれいのごとく、いつもの茶番劇がくりひろげられ、プリキュアたちに浄化され一皮むけたキミマロ君はイギリスへ旅立ったという。めでたし、めでたし。

とはいえ、キミマロ君の恋は成就しそうもなくて、皮肉にもキミマロ君が春野さんにクサビをうちこんだことがかえって春野さんとみなみさんの絆を強くさせる結果となり、どうやら春野さんとみなみさんの恋が成就しそうな展開になっちまったよ。

あと、キミマロ君は自家用ジェット機で来たようなこといってたのに、帰りは普通の旅客機っぽかったなと。(ぇ

Gプリプリ #31 おかえりクローズさん…そして新展開へ 感想

はい、クローズさん、復活しました。
どうやらクローズさんの双子の弟が「お兄ちゃんのカタキ!」とか、そういう設定で登場したのではなくて、そうではなくて、あのクローズさん本人ということだそうです、はい。
で、いちど倒したのに、なぜ復活したのかというと、絶望とはいちど克服しても決してそれで終わりではないから、みたいな理屈だったようです、はい。
そうッスね、「禍福は糾える縄の如し」なんてのもありますし、絶望と希望と、そのくりかえしみたいなのが人生なんだと。そんな人生論を伝えたかったのかなと。(ぇ
たしかに絶望あっての希望と言えなくもなくて。
闇があって光があって、みたいな。
絶望の闇の中にあってこその、希望の光で。
心にかかえる絶望の闇が深ければ深いほど、その中で見いだす希望の光は、よりいっそう輝きを増すのだと。
うーむ、そうか、そうか。
希望が裏切られ絶望する、ある日とつぜん絶望する、絶望の闇に苦悩する、それでも人間はしかしそこに小さくても希望の光を見つけられる見つけなければならない、そして努力により希望の光は強くなりいつしか絶望の闇をうちはらい今までとは違った青空を目にできるようになる、つかのまの幸せを感じる、しかし、いつしか、また闇がせまってくる、みたいな、そんな繰り返しで、それが人生、だから生きるって生きてるって本当につらい、でも、もがき苦しみながらも、それでも生きる、生きてる、生きようとする、それが人間で、だから、いとおしい、みたいな、そんな話なのか?(ぇ

にしても、今回はクローズさん復活だけかと思いきや、OPでその影だけが既出で、耳が特徴の新キャラ2匹までもが今回登場したのには驚きました。
また、新キャラ2匹は新幹部かと予想しておりましたが、そうではなくて、とりあえずクローズさんの部下らしいのですが、まだまだ分かりません、新キャラ2匹のほうが本体でクローズさんをあやつってるという可能性もありますから。
というか、あの新キャラ2匹こそがラスボスって可能性すらも…( ゚Д゚)
ディスピア様すらも正体は妖精で、あやつられてたというオチも、なくはないと思います!(キリッ

いや、本当のこと言いますと、今回のお話は、なんかイロイロたくさん情報もりだくさんといいますか、ロック君はじつは妖精でした(キリッ)みたいなのもあったし、あと、さらっとドレスアップキーは全部そろった的な発言もあったりして、、、えっ?、そうなの?、みたいなのもありまして、トワさんのキーはディスピア様から産みだされたものだからパチモンなんだ的な設定が何話か前にあったような、なかったような、私の勘違いなのだろうか、うむ、そうかもしれない、そうだろう、きっと、こまけぇこたぁぁぁ…

Gプリプリ #30 ロックくん退場。そして、お城が小さくなった件 感想

やはりロックくんの退場回だったか…(ボソリ
うむ、でも、ロックくん、言いたいこと全部、吐いてから逝ったようだったので、よかったんじゃないかな。(ぇ
王様になりたいと、そっかぁ、ロックくんは野心家だったのね。
ディスピア様につかえるふりをして、謀反の機会を虎視眈々とねらってたというわけだ。
まあ、そういうの、だいたいウマクいかねーけどな。(ぇ
とにかく、ロックくんの、ご冥福をお祈りいたします。
とはいえ、いずれ復活するのかな???…
次回予告にクローズさん、、、らしき人物がうつってまして、驚きましたが、はてさて。
あれはクローズさんその人じゃなくて、弟とか、そういう可能性もありそう…(ぇー

まあ、あと、ぶっちゃけ、お城の販促回でもあったというか、それがメインだったのかも、今回…(ぇ
えぇ、ビックリしましたね、お城が小さくなちゃってね。
えぇ、わかりますよ、でっかいままじゃ、玩具になりませんもんね。。。(キリッ
うーん、とはいえ今回、敵の城を鹵獲するとは思ってたんですが、それはもっとこう、大きさは変わらないで、ハートキャッチプリキュアで登場したプリキュアパレス的なよそおいに変化するだけで、今後はそこがプリキュアたちの秘密基地になるのかなと予想してたので、まさかまさかミニチュアの城になるとはな、その発想はなかったよ、プリンセスパレス。
ああ、でも、せっかく小さくなったのなら、プリンセスパレスはチャンピオンベルト的なでっかいベルトにしたら、よかったんじゃなかろうかと。。。(ぇ
プリンセスパレスじゃなくて、プリンセスベルトにして、今後はキー4本さしての変身とか、熱いですよね。(ぇ

Gプリプリ #29 かくて、うつし世に天空の城あらわる! 感想

夢オチ。
したがって今回、ゼツボーグも幻、ディスピア様も幻で、変身できたのも、みんなみんな幻でしたと。
しかし、あらたなドレスアップキーだけはホンモノだったという…
なぜだ?なぜなんだ?!

ようするに、森の中で、あのドレスアップキーを発見したのは事実で、そのときから夢の中へといざなわれてたということなんだろうか。
説明によれば、先代の記憶の世界の不安と当代の現実世界の不安とが共鳴し共振したことによって絶望の幻影が生まれたということらしいんだが、はてさて。
原因はともかく、現実世界から夢の世界へと意識のつなぎめなく導かれてった、という話のながれらしい。
けだし、あのドレスアップキーには先代プリキュアの怨念が宿ってるみたいなのは、ちょっと怖いわね。(ぇ
まあ、それはともかく、あらたに手にいれたドレスアップキーは、サクラキー、サンゴキー、ギンガキー、の3本。
うむ、これで、とりあえず、キュアサクラ、キュアサンゴ、キュアギンガ、に各々、変身して戦えるのかな?とおもえば、さにあらず。
世の中、あまくないです。
プリキュアへの変身は、あくまで変身キーで、という約束があるらしくて、いきなりフォームチェンジのキーは使えないという。
不便だな。
つまり、フォームチェンジのキーは、たとえ100本あろうとも、ただの1本の変身キーがなければ、まったくの役立たずという、そんな設定なんだな。うーん、厳しい。

夢の世界で、オーバーロードたち…もとい先代プリキュアーズから、あらためてイマジネーションの大切さを教え諭された当世プリンセスプリキュアたち。
どうやら夢の中では、当代さんたちは、先代さんたちに器量をためされてたようです、プリキュアたらんとする覚悟および資格があるのかいなかと。
そして合格した。
絶望は、闇は、希望で、イマジネーションで、うちやぶるんだと、決意をあらたにするプリンセスプリキュアたち。
とはいえ、変身キーだけは実際に奪いにいかなければならない、という厳しい浮世。

Gプリプリ #28 奪われたドレスアップキー 感想

ドレスアップキー争奪戦、はじまりました。

そうですよね、なにもドレスアップキーはプリキュアたちだけの道具というか兵器ではなくて、敵側も道具というか兵器として使えるのでした。そういう設定でした。
そうですね、ここんとこ、ご無沙汰中ですが、かつてディスピア様が黒いドレスアップキーを産みだしたりもしてましたし。
ドレスアップキーは、プリキュア側もディスダーク側も、どちらも有益に使えるのでした。そういう設定でした…。たしか。。。(ぇ

というわけで、ロックさん、プリキュアたちの所持するドレスアップキー鹵獲を画策。
ロックさん、どうやってあの島の位置がわかったのか、ひそかにプリキュアの誰かにGPSでも取りつけてるのか、それは知らんが、とにかく、ロックさん、いつもの茶番劇的な戦闘とみせかけてプリキュアたちに攻撃開始、しかしプリキュアさんたち、ロックさんの真の目的がドレスアップキーの鹵獲にあるとはつゆしらず、プリキュアたちはいつものように普通に応戦をくりひろげてしまい、まんまとこっそりドレスアップキーを奪われてしまいましたとさ。気づいたときは、あとの祭り。しかもトワさん所有のぶん以外は全部もってかれたという大失態。。。( ゚Д゚)

とはいえ、災難ばかりでもなく、今回、七瀬のうちなる熱い気持ちと、それに呼応したスカーレットの素直な気持ちとからか、とにかく新たなドレスアップキーが1本生まれまして、えーと、1本ゲットして9本失ったのだから、ようするに8本失ったってことかな?今回。

でも、あたらしいドレスアップキーはスカーレット用らしいので、けっきょくスカーレットはパワーアップしたけど、ほかの3人はゼロという、残念無念。
ドレスアップキーを失った3人は、プリキュア引退か?と思いきや、いえいえ、そんなことはないようで、次回、復活の展開があるみたいなので期待したいです。

けっきょく、今回、伝えたかったことは、幼女さんたちに、ドレスアップキーはなくしやすいので気をつけるように、って、こと、だったのかも…(ぇ
なくしても、またお父さんお母さんに買ってもらえると思ったら、おおまちがいですから(キリッ

Gプリプリ #27 次回予告が全部もってった… 感想

はい、今回の本編はCパートといいますか、次回予告でした。(ぇー
おどろきましたね、ホントに…( ゚Д゚)
これも時代のながれといいますか、感慨深いものがあります。
ゆく川の流れはたえずして、しかももとの水にあらず。
水着回、おもいおこせば、そう、ミキタンがはじまりでおわりだったという、うむ。
そして、水着になったことをとがめられ、あわれミキタンは戦死したというか、じっさいには死んじゃいないけど社会的に死んだというか、干されたというか、とにかく冷遇の日々がはじまったんでしたっけミキタン?(ぇ
こうしてミキタンの水着回は黒歴史として長くプリキュアの歴史にきざまれることとなったのでしたが、それも今日までで、これからは汚名返上、立派な、水着の先駆者としてその名が人口に膾炙し語りつがれていくこととなるのでありましたミキタン。ああ、よかった、よかった。
というか根本的な疑問として、プリキュアは、なぜそれほどまでに水着を忌避していたのか?というのがありましてね。
でも、まあ、それもこれも、時間が解決してくれたというか、時代が変わったというか、パラダイム・シフトってやつだな。
ベルリンの壁も、ある日とつぜんブッ壊れたじゃないですか。
ウエットスーツ回でお茶をにごしたかと思いきや、ちゃんと水着回も用意してあったという、Go!プリンセスプリキュア、あんた最高だよ!
ということは、こないだの残念温泉回も伏線で、いずれちゃんとした温泉回があるってことですね!
あるってことですね!!(;´Д`)'`ァ'`ァ

さて、次回予告の興奮さめやらぬ状態ですが、おまけのAパートとBパートの感想をちょっとだけ。(ぉーぃ
ゆうき君、夜の自家発電のやりすぎで右腕を痛め、このままでは今度の熱闘甲子園の試合には出られないらしいのです。
そこで渡米してジョーブ博士に手術してもらうかどうか悩んでました。
渡米費用の不安もさることながら、もし手術に失敗したら2度と自慢のフォークボールが投げられなくなります、それすなわち選手生命の終わりを意味するわけで、ゆうき君の苦悩は深まるばかり。
そんなおり開催されるのが、のんきな近所の夏祭り。納涼盆踊り大会。
気分転換のつもりで参加したが、気持ちが荒れてた、ゆうき君は、ファンの女の子をてごめにしようとナンパするのでありました。
ナンパしたファンの女の子をひとけのない場所へとつれていき、ゆうき君、理性を失いかけてたそのとき、シャットさんがあらわれ、ファンの女の子をゼツボーグに。
そのあとプリキュアたちがあらわれてゼツボーグを浄化。
気を失なってたファンの女の子が目を覚ますと、ファンの女の子は「ゆうき君のがんばりに、いつも勇気をもらってた(ハートマーク)」とだけ告げ、足早に去ってった。
その言葉にはげまされ、ゆうき君は迷いを断ち切り、いちろアメリカに旅立つのであった。
最後、空港から、ゆうき君を乗せたであろうジャンボジェット機が離陸する、それを春野さんたちが見送るという、そんな場面が非常に印象的でしたね。(ぇ
うむ、今回のエピソードから発せらるるメッセージとしては、知らず知らずのうちに勇気を与えていた相手から、はからずも勇気をもらって、そうやって熱い気持ちってのは、いったりきたりするものなんだよ、あたかもテニスのボールのように、と、そういうことなのかな?
と、記憶があいまいなので、ちょっとちがうかもしれんが、だいたいあってるとおもうのだが、そんな内容の話だったよね?
けっきょく、ゆうき君メイン回だったのかな?
ある意味、よく分からない話だった。
けっきょく、次回予告のオマケ的な、そんな話だったのかと。
あと、地味にプリキュア音頭もいれてくれッ!的な…

Gプリプリ #26 パフかわいいよ 感想

パフが、かわいかった、もう、それだけ。
おわり…

って、わけにもいかないので、とりあえず感想をば… ('A`)マンドクセ

とりあえず、OPの歌が2番?になって、映像も変更になってたという。
そうですよね、いつまでも黒歴史のトワイライトってわけにもいかんでしょうし。
あと、新幹部の影がありましたが、ふたり組のようで、ひとりはミッキーみたいな頭だったけど、どうなんしょ?(ぇ
あるいは、「ふたりは新幹部」的な二人なのかと。。。(ぇー

夏休みで、寮生みんな帰省で、だれもいない女子寮。(;´Д`)
トワさんだけが、帰る場所がなく、女子寮に居残りという。残念…
だがしかし、トワさんは悲しむどころか、だれもいないことをいいことに、調子に乗って、階段の手すりの部分をすべり台がわりにして楽しんだりもしていたという。
夜は夜で、トワさん、きららんちにお泊りの予定がはいってたりしてて、ほんと仲良しさんだな、きらトワ。(´ヘ`;)
そんなリア充なトワさんでしたが、この猛暑です、暑さにあてられたのか、とにかく夏風邪をおめしになったようで、こりゃ心配だッ…

トワさんがダウンしたことで、棚ボタ的に妖精たちにお鉢が回ってきました。
そうです、今回は、パフとアロマのメイン回なのです。(キリッ
せっかく回ってきたお鉢ですからね、ジャマされたくないですから、とうぜんのようにメガネ…いや、七瀬さんには連絡いれないアロマがいた。

ノーブル学園には医務室はないのか?という素朴な疑問があったんだが、それは置いといてと。(ぇ
トワさんの看病に一所懸命なパフが、いじらしい、というか、ぶっちゃけ役立たずだったんだけど、かわいかったから許す。
それにしても、ほんとパフが可愛くて可愛くてね。
東山奈央声のちょっとドジっ子なキャラは、すごく好きなんよ。
セミのゼツボーグ登場ってカオスな展開だなと、はじめ思ったんだけど、パフとやりとりをさせるために、そうしたんだなと途中で気づいた。
パフが虫取り網で必死にセミのゼツボーグをつかまえようとする姿が、白金さんじゃないけど、ほほえましくてね。うん。

地味に、きょうだい愛みたいなものも描かれてたようだったけど、そこはあまり重要ではなかったようで、重要だったのはパフとアロマに生じた課金アイテムのほうだったようだ。(ぉぃ
課金アイテムのおかげで元気になれたという、なんという超展開…((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
いや、もちろんアロマの決死の肉弾攻撃とか、見せ場はありましたがね。。。

うーん、こんかい思ったのは、やはりパフは可愛いということと、アロマもあんがいいけるなってことで。(ぇ
こういう妖精メイン回も、たまには良いなと。もちろん妖精たちが魅力的でなければいけませんがね。パフもアロマも歴代妖精の中では、なかなか魅力的だとおもう。

Gプリプリ #25 はるはるびより 感想

みなみさんの、さいごのスーツケースの中身は、おとなのオモチャでいっぱい!、だな…(マチガイナイ
にしてもキャッキャウフフの温泉回とおもわせといて、入浴中の描写はまったくなく、あまつさえ脱衣場における女の子たちがヌギヌギする場面もなく、あったのは、ああ、いいお湯だった的な描写だけだったという、残念回…( ゚Д゚)イッテヨシ
みなみさんは、夏休みだから、夏休みだからこその体験が大切なんだぁぁぁ〜と、ことあるごとに説いてたのに、けっきょく「夏・体験物語」的な(←古いな〜)、ちょっぴりエッチでハァハァなイベントは、なにひとつなかったという…(いや、尺の都合で放送できなかったけど、あのあとあったのかもしれんがな…(ぉーぃ

はるはるの田舎…といっても、それほど田舎田舎してる感じの場所でもなくて、そこそこ人もいて、ありがちな近郊の町っぽかったんだけど、それでも地味に田舎臭いイベントなんかも満喫してたところが、のんのんびより的でよかったというか、あの町はなんとなく埼玉県の川越っぽい雰囲気をただよわせていないでもないでしたが、うむ、ノーブル学園が神奈川県のとある海岸のある場所っぽいかなとか思ってたりもしてたので、神奈川県から埼玉県なら、まあ、友達つれての帰省もあるかなと。あくまで想像だけど…
つーか、ノーブル学園のある場所も、けっして都会でもないような…(ゲフンゲフン

さて、ここからが本題です。(ぇ
闇を恐れるトワさん。
なぜ闇を恐れ怖がるのかといえば、そうです、かつて自身の心の弱さから闇にのみこまれた経験から、また闇にのみこまれ、またしても絶望の闇にのみこまれはしないかという不安と心配があったからで、ぶっちゃけトラウマってやつですね。
トラウマ、これは、やっかいなものです。ハイ。
他者から見れば、なんだそんなことかと思われてしまうようなことでも、本人にしてみれば非常に大きな問題だったりするわけで、人間の心の問題はひとすじなわではいかないものなんです。
けっきょく劇的に効く処方箋というか特効薬はないのでしょうが、それでも今回のトワさんの場合は、トワさんがみなみさんをはじめとする仲間たちにさりげなくも愛情こめて支えてもらってるとあらためて実感できるようになったことで、そうして自分のあるべき姿を諦観できるようになったから乗り越えられたってことでしょうか。
闇に追われ、闇からのがれられない運命なのであれば、それはそれとして受けとめ、もう目をそらしたりはしない、なんどでも闇をはらいのけ、迷わず前へと進んでいくだけですわ、と。
そのへんのスカーレットのくだりが、なんともカッコよかったし、グッときたね。
ころんでも、なんどでも立ちあがる。立ちあがるよ何度でも!的な、そんな心構えがひしひしと伝わってきたからね。
シャットさんに「なんだトワイライト?トワイライトのくせに。なんなんだ、このざまは?!」と汚なくののしられたとき、みなみさんがトワさんをかばって「この子は、もう、イース… じゃなくってトワイライトじゃない。わたしの、わたしたちの友達、紅城トワよ!(キリッ」って、つっぱねてくれた。
いまの自分はひとりではない、それは分かってはいるけれど、それでもひとりでがんばらなければと気負うトワさんだったのかもしれない、けれど、ちょっと怖いときは、怖さで足がすくんでしまうときは、ふと周囲をみわたせば仲間がいる味方がいる、そう思えることがそれだけで勇気になる。
もちろん、これでトワさんのトラウマがすべて解決したというわけではないでしょう、人間の心の闇は一朝一夕にどうにかできるという簡単なものではないはずですから。
それでもトワさんは、もう夜は怖くない、仲間といれば、みんなといれば、いままで怖かった闇も夜もむしろ楽しいとすら思えるようになったと。
けっきょく、心の問題は気のもちよう、ってことなんでしょうけれど、ただその「気のもちよう」をどうウマく良い方向へと導いていってあげられるかなんでしょうね。
トワさんは、いい友達と出会えた。

Gプリプリ #24 トワの笑顔、きららの笑顔 感想

うむ、おもしろかった、ような気もするが、きららの表情とかがカワイかったな以外には、あまり印象に残らなかった今回(ぇー
自分ひとりじゃパンツひとつはきかえられないというトワさんを、同室のきららが脱がして着せての、ってのをやってあげてて、よかったなと。(ぇ
トワさんのこと、手がやけるけど、そこがまたカワイイと、天ノ川きららはトワさんにトカッチの称号を授与するんだ。
とか、いろいろ、すったもんだ、オパーイもんだ、あったような気がしますが…(ぉぃ
いちおう今回は、笑顔をとりもどす話だったようだけど。。。どうだったんだろ?

じょうずに笑うには、どうすれば?とのトワッチの問いに、天ノ川さんはこうすればいいよと…実力行使にでる。
コチョコチョ、コチョチョ、ちょw、やめーて(←トワッチの声、もっとやっての意味です)、モミモミ、モミモミ、オパーイモミモミ、と。
いやがるトワッチ(←ほんとはよろこんでます)を執拗にせめる天ノ川きらら、みたいなのが描かれ、それが一服の清涼剤のごとく、いやされた今回。(ぇ
ひとけのない、うっそうとした森の中、ふたりで1枚のシーツにくるまり、泉のほとりでちちくりあってた、きららとトワッチ。
そこにアロマが、あのアロマがとつじょとしてあらわれ「おたのしみちゅうのところ悪いんだが、敵さんがあらわれたロマ、はやく終わらせるか、つづきはあとでやるロマ(キリッ」と無粋なことを口にする。
情事を邪魔された天ノ川きららは、こんのぉ〜、アロマ〜、あとで焼き鳥かフライドチキンにしてやるぅ〜、ギリギリギリギリ(←歯ぎしり

閑話休題。(ぇ
なにげにトワッチを笑わすことで、きららも自分の笑顔をとりもどす、みたいなながれだった気もする。
自分が笑顔になるには、まず人を笑顔にしないとダメよと。

にしても、もうね、お部屋もいっしょだし、きららとトワッチ、これからはどんなに疲れてても笑顔、笑顔で、昼も夜もイチャイチャ、イチャイチャ、なんでしょうかね。
ああ、仲良きことは、美しきかな。
美しきかな。(キリッ

Gプリプリ #23 トワ、私の居場所、そこはあたたかい 感想

生きるって残酷ですよね。
死んでしまえば、そこで終わりですけど。
生きるって、過去を背負って生きるって、その過去が重ければ重いほど、つらいはず。

トワさんの苦悩。
私はこれから、どう生きれば…と。

過去に犯した罪は、その事実は消えない。
だが、罪はつぐなえる。
いや、真の意味でつぐなえない罪もあるのかもしれない。
死んだ人は生きかえらない、それはそうだろう。
けれども、それでも、つぐなおうとする気持ちは、真摯な気持ちだけは持ちつづけなければならない、一生。
だから、生きるってのは、生きろってのは、残酷なのです。

それで…
さて、どうしたものかと、トワさん。(←殺してないけどね…

なんかね、トワさんの不安とはうらはらに、周囲の人たちがみんな親切でした。
もうね、あまりにも親切で、親切すぎて、どうなってんだコリャぁぁぁ!ってな感じもしないでもなかったです。
たとえば八百屋のおばちゃんはトワさんに、ほんとは「池沼はやとえないよ…」と言ってやりたいところでうまいこと年齢を理由に体裁よくことわってたし、やさしいな、ほんとやさしかった。(ぇ
まあ、春野さんたちが親切なのは、トワさんの事情を知ってるからで、うなずけるとしても。
望月ゆめ先生がね、ゆめ先生の言動が不自然で、じつに不自然で、おもわずネーヨって、つぶやきたくなったんすよ。
とはいえ、あえて考察するに、ゆめ先生はトワさんに一目惚れしたというか、ゆめ先生はトワさんをゲットしたくなったんじゃないかと。(ぇー
おそらく、ゆめてんてー、ひとり暮らしで、さみしいんだ、たぶん。
娘さんはいたんだけど、あるとき家のまとまったお金を持ってゆきずりの男と駆け落ち。
そのご娘さんの消息は、わからない。
それで、ゆめてんてー、ひとり暮らしで、さみしくて、お金はあるけど家族はいない、ああ、どうしたものかと。
そんなとき、トワさんが目に入った。
うむ、この娘さん、なにやら事情がありそうだ、弱みにつけこめばうまいこと手元においておけそう…みたいなこと考えたのかもしれねーな。(ぉーぃ
それで、まずは餌付けというか、あんみつ屋につれてって…

それにしても、トワさんの庶民感覚のなさは、さすが真のプリンセスだなと。
とちゅうトワさんがtvkハウジングプラザ藤沢に行ってハピネスチャージプリキュア!ショーをご観覧になってたのには笑ったが…(ネーヨ
まあ、今はどうだか昔の王族はあんなだったのかなと。。。(ぇ
ホープキングダムのある世界は、まだ中世なんだな、たぶん。
それでもトワさんが小銭を得るため、ジュースの自販機の下をのぞきこんだりして、必死だったのには心うたれたし、また、タバコの自販機とコンドームの自販機との区別がつかなかったのは、ご愛嬌だったなと…(そんな場面あったか?

とにかく、ゆめてんてーに気にいられたトワさんは、学園長でもあるゆめてんてーのはからいにより、特別枠の縁故枠でノーブル学園に編入というながれに。
これでトワさん、駅の地下道でダンボールにくるまっての寝泊まりということにならずにすみました、というか何でこれまでノーブル学園女子寮にやっかいになれてたんだろうという疑問ががが…?(こまけぇこたぁ〜

ま、なんやかんや、ありましたが…
そんなこんなでトントン拍子にことが運んだしだいでして。
トワさんはノーブル学園の女子寮に堂々といそうろうすることができるようになって、一件落着、めでたし、めでたし、というオチでした。
ああ、よかった、よかった、よござんした。
かくしてトワさんもストイックな気持ちを捨てることにして、青春を、学園生活を満喫することにしたしだいでした。

ディスピア様はしばらく旅行に出かけたそうで、しばらくは、お休みなのでした。

Gプリプリ #22 プリキュア忍法・火の鳥 感想

トワさんがキュアスカーレットになるお話でした。(キリッ
とちゅう、地味に一条らんこの姿もありましたので、これは、もしや… と期待したのもつかのま、話のながれ的にはぜんぜんそんなことにはならなくて、つまり、奇をてらわず、ひたすらトワさんの話、トワさんメイン回でした。
変身バンクだって、ほかの3人は省略… というか、あれはあれで戦闘のスピード感をそこなわないための演出で良かったのだけれども、とにかくキュアスカーレットの変身バンクは、これみよがしに。

とりあえず今回のお話は、良かったです、熱かったです。( ;∀;)イイハナシダナー、だったです。
トワさんの心の迷い、そこにつけこむディスピア様の外道っぷりもあいかわらずで。
気持ちがたゆたうトワさんはまたしてもディスピア様の術中にはまってしまう。
だがしかし、キュアフローラが絶望に染まったトワさんを優しく導いて、トワさんもそんなキュアフローラの優しい姿に兄・カナタ王子の姿を重ねあわせ、思い出し、1度は拒絶したヴァイオリンをまた手に1歩前へ踏み出す勇気を希望をとりもどすトワさんなのでした。ホント( ;∀;)イイハナシダナー

「失敗しても、やりなおせるよ」というメッセージはプリキュアのテーマのひとつであり優しさでもあるわけで、プリンセスプリキュアにおいてもそれが順当に描かれたという今回。
それにしても、トワさんとフローラさんとでヴァイオリンの二重奏をする場面は、まさに音楽のチカラというべきか、ときに音楽はそれだけで人の心や記憶にはげしくはたらきかけてくれるものなんだなと、あらためて思った。
なんか、春野さんがヴァイオリンをはじめて、じょじょに上達してきたのが、ここにきてうまく物語の縦軸の話のながれにつながったというか、いいかんじにヴァイオリン設定の集大成ってかんじだったな今回。うむ。

そうしてまたトワさんの決意に応えるかのようにドレスアップキーも浄化されたようで、ここにいたってまともなプリンセスエンゲージができるようになったというわけでした。
罪は消えない、事実はなかったことにはできない、だから、ごまかさない、自分の犯した罪は真摯に認めたうえで、つぐなっていこうと。
そのためにディスピア様を倒すんだと。そんなトワさんでした。
mktn_logo
  • ライブドアブログ