スマイルプリキュア! #16 おじいちゃんは総統メビウス様 感想

そうか、れいか様のおじいちゃんが総統メビウスだったのか。衝撃の事実。もうね、れいか様が切実に悩みを語ってくれているというのに、メビウス様の声が聞こえてくるだけで、なんでか笑いがこみあげてくるんだな。まったく。

あと、なんか先週に個人的に脳内視聴した内容とは違っていた。そんなの、あたりまえといえば、あたりまえなのですけど。でもね、れいか様が自発的に無気力になるというか、自分からもうヤダぜんぶやめちゃうという自暴自棄な展開になるのかと期待していたものだから、おじいさまのほうから「ぜんぶやめてみろ、見えなかったものが見えるようになるかもしれんぞ」とかメビウス様の声でアドバイスしてしまって、それをマにうけた孫娘れいか様が「おじいさま、御意にございます」みたいな展開になって、とりあえず全部やめてみることに、というのは意外だった。でも、れいか様は、考えることだけはやめなかった。

さてさて、考えあぐねた結果、れいか様が導き出した結論としては、いまは夢は見つからないけど、とにかく勉強はつづける、みたいな感じでした。なんのために勉強するのか、の問いに対する答えは、ズバリ、自分探しのため、です。じぶんの本当にやりたいことは何なのか、それがわかるために勉強するのだと。まあ、そんなかんじだったのでしょうね。もちろん勉強というのは、国語や数学や英語といった学校の教科のことだけではなくて、もっとたくさん、いろいろなことを含みます。たとえば他者と交流することも、ひとりで机にむかって考えているだけではわからないことを、じぶんが知らないことを自分とはちがう考えをもつ友人の話や行動をとおして学び、それを自分の成長へとつなげるためでしょうし。義務だからとか、将来やくにたつたたないの打算とかで勉強するのではなくて、そうではなくて、勉強をとおして成長していく自分自身がいつしかきっと自分の将来の夢を見させてくれるはずだからと、そう確信したからこそ、れいか様は勉強するのです。それに、れいか様は、いつどこでなにが役立つか分からないのが人生だということをわかっているようなので、好奇心をわすれずにイロイロと勉強したいようです。それが最後、星空さんたちに勉強することの意義を理解してもらうためのヒントをあたえる結果になったのでしょうね。

スマイルプリキュア! #10 あかねの、おとんが皇帝ピエーロだったりして 感想

ふしぎ図書館が空気な件。

秘密基地なんて、これっぽっちも、いらなかったンだ。ボソリ

それにしても、なんだ。今回は感想の書きようがないというか、なんというか。オレンジ・メイン回だからというワケでもないけど。あいかわらず日常が描かれる展開でして。まあ、それは良いとしても。うむ。お好み焼きの隠し味のオチも、なんだかなー、って感じだったし。よくわからん。

れいか様のエプロン姿がよかった、とか、アイキャッチにアカンベェが初登場、とか。そのくらいしか印象に残らなかったデス。正直なトコロ。

ああ、でも、ビューティとサニーが必殺技のコンボで蒸気をおこす、というのは、なかなか、どうして。よかったよ。うん。接着剤が手についちゃったとき、ぬるま湯に指つっこんだり、しますもんね。うん、うん。

…、書くことがないorz

今回、あかねのおとんが出てきたのが伏線で、じつは、おとんが悪の皇帝ピエーロ様とか、そんなオチだったらウケるのですが。どうなんでしょうか。ピエーロ様は人間界に封印されていて。えっと、封印というと、化石みたくなってたり、壺の中に閉じ込められたり、そんなイメージをいだくとおもうのですが。そうではなくて、ピエーロ様は人間界で人間の姿にされていて、しかも本人は自分がピエーロだということに気がついていないという。そんな設定なんじゃないかなと。そんなワケで、バッドエナジーが必要な量あつまると突然、あかねのおとんは人間の皮をやぶり、巨大化して、皇帝ピエーロ様として復活する。そんな展開を期待しています。。。。。ネーヨ

もう、最悪ぅ〜

はやく成田先生の復帰を!!

スイートプリキュア♪ 第36曲目 はじまりのおわり 感想

いい最終回だったな。
よかったね、アコちゃん。
お父さんがもとに戻って、これからは家族仲良くメイジャーランドで暮らしていくのだろうね。
場合によっては奏太クンを拉致していくのかもしらんが、それも奏太クンの運命なのかもしれない。
プリキュアに深くかかわった者は、プリキュアから逃れられない。
プリキュアと深くかかわった者は、その代償としてその身を犠牲にしなければならないという不文律が…あるとか、ないとかで。
奏太クンの場合、まず、お姉さんがプリキュアで、しかもカノジョもプリキュアという、なんというプリキュア三昧。
しかもカノジョのほうはメイジャーランドのお姫様ときてますから、もうこれはね、奏太クンはアコちゃんとケコーンしてメイジャーランドで暮らすべきなんだ。
うん、うん。
にしても新型キュアミューズの出番がラス前とオーラスだけという、なんとも贅沢だな。
しかしEDでは、あいかわらずハミィが踊ってたというかブッ倒れたりしてたんだが、なぜだ?
まあ、まにあわなかったのか、それとも、あそこはもともとハミィさんのポジションだったのか、いろいろと理由はあるのでしょうけど、あえて触れないでおこうと思う。それがオトナのやさしさだとおもうから。うん。
とにかく、大団円、大団円。めでたし、めでたし。とくに感動もしなかったがな(ボソッ

と思ったら、なにやら、つづきがあるみたいで。
つづきは映画館で、ってコトなんでしょうかね。
うまいな、テレビはテレビでちゃんと完結して、そして新展開が気になる人は映画館で見てください、という。
親切だ、じつに親切だな。
よくあるんだよな、TVシリーズを中途半端に終わらせて、つづきは映画で見てください、なんてのが。
こういうのがイチバンむかつくんだ。
でもプリキュアは、良い子のプリキュアは、そんなセコイことしませんから。

というわけで、ああ、次回は、番外編の「とあるハロウィンでのどったんばったんニャ!」ですね。
うん、これは、これで、楽しみです。
なにが楽しみかといえば、奏さんとか、奏さんとか、奏さんとかのコスプレがさ。
ああ、奏さん可愛いよ奏さん(´Д`;)ハァハァ
うん、これもね、本当はOVAとして企画されたものなんだろうけど、そこはそれ、OVAとして売り出さないであえてテレビ放送してくれるという太っ腹。
うれしいね。

で、11月からの、この枠での、新番組って、なんなんだろう?
mktn_logo

  • ライブドアブログ