なんか

ドキプリ #19 ゲーム 感想

けっきょく誰がクリスタル5個集めても飛んでっちゃってたのかもしれない。
次回予告で、まこぴーが「クリスタルが飛んでった先に王女様がいるはずぅ!」と何を根拠にそんなこと言ってるんですかこの小娘は!と思って見てたら、どうやら本当にいるみたいなんだなコレが。
まこぴーは預言者か?
でも、いるにはいたんだけど、いかんせん王女様は凍りづけで、うむ、わかったぞ、次回はいかにじょうずに王女様を解凍できるか?それが問題になるのだろう(え

しっかし、どう考えてもジコチューの連中はゲームでズルする気マンマンでしたからネ。
つまらんゲーム大会になりそうだなと思ってたら、やっぱりツマラナカッタ。
せめてプリキュアさんたちが、ジコチューさんたちが反則してきても、自分たちだけは正々堂々とゲームします、みたいな展開だったら良かったのかもしれませんが。
ってゆーか、戦闘しないためにゲームしようというのに、そもそもプリキュアに変身する必要があったのだろうかという素朴な疑問がありまして、とうとつにプリキュアに変身した時点で必殺技使いますって宣言しているみたいでヘンな感じがしたんだがな。
とはいえ、プリキュアに変身しなければ販促になりませんから、ここはジコチューたちの反則に対してプリキュア側は玩具の販促で対抗したということなのでしょうか。

だいたい、むこうはクリスタル1個で、こちらはクリスタル4個。
それを勝った負けたで総取り、というのはプリキュア側にブが悪すぎるじゃあーりませんか。
しかも、どんなゲームをするかは敵側が勝手に決めてしまって、しかも事前には教えてくれない。
しかもしかも、すべて敵陣での勝負となれば、どんだけ不利なんだろう。
しかもしかもしかも、ジコチューさんたちは反則する気マンマンときたもんだ。
しかーし、それでもレジーナ様の提案するゲームにいどんでいく相田さんのさまは、ただのバカなのか、それともレジーナ様を信じる気持ちのあらわれなのか。

信じることをあきらめてしまったらオシマイ。
おそらくそんな気持ちが相田さんにはあったのかな。
指切りをして、どんなことがあってもお互い約束は守ろうとレジーナ様をうながす相田さん。
ああ、これは、ズルしてレジーナ様がクリスタルを奪うのだけれども、結局は相田さんとの約束が大切だと気がついて返すというオチになるのかなと思いましたが…ちがった。
いや、プリキュアさんたちの説教もあって、そんな展開になりそうだったのだけれども、赤いロイヤルクリスタルの呪いだかなんだかのせいで赤い瞳のレジーナ様は「そんな約束なんか知ったコトかッ!(大意)」といった感じになってしまった。

けっきょくレジーナ様がクリスタル5個そろえてしまったのだけれども、その直後クリスタルはどこかに飛んでいってしまった。
これは、レジーナ様が悪しき心だから飛んでいってしまって、プリキュアさんたちだったら5個のクリスタルは切り札に変化していたのでしょうか。つまりクリスタルはそれを所有する人を選ぶ、ということなのか?
でもレジーナ様の悪しき心は赤クリスタルのせいだと思うので、なんか変な感じもするんだがな。
どうなんだろう。
わからん、わからん。
とにかくクリスタル5個は飛んでいった。
さて、どうやって追跡するのでしょうか?という素朴な疑問があるのですが…発信機でも付いているのでしょうか?

ドキプリ #16 マナはあたしのモノ! 感想みたいなモノ

本当の友達とは?。これはレジーナ様でなくても難しい問いかけでしょう。自分では友達だとおもっていたのに相手はそうは思っていなかった、ということもあるから。じっさいのところ、友達の定義って、なんなんでしょうかね?。わかっているようで、じつはわかっていない、それが友達というものの本質でしょうか。

友達になるキッカケは、いろいろあるとは思います。なにかに意気投合して自然と友達になる場合もあるでしょうし。組織の中でひとりぼっちがイヤだから、とりあえず気が合いそうな人をみつけたい、そんな切なる同じ思いどうしの利害が一致して友達になることだってあるでしょう。また、レジーナ様のように相田さんを一方的に気に入って友達になりたいというケースも、まま、よくあるのでしょうよ。

相田さんの場合、自分に好意をもって近づいてきてくれた人は、とりあえず受け入れたいという気持ちがありそうです。以前、あこがれています、弟子にしてください、と頭をさげてきた後輩の男の子がいましたが。そのときも相田さんはイヤな顔ひとつせず、いいよ、と。おそらく相田さんは、相手が自分の良いトコロを見つけて好きになってくれたのだから、こんどは自分のほうで相手の魅力を見つけて好きになってあげたいのかなと。

レジーナ様は相田さんをオモチャにしたいだけという感じでした。というか、それがレジーナ様にとっての「友達」という概念らしい。自分の友達は、自分のオモチャは、自分だけのモノ。だから、ほかの人にはさわられたくないし、さわらせない。とくにお気に入りのオモチャなら、なおさら強くそう願うものなのかも。でも人間は、友達はオモチャではない。

レジーナ様には相田さんをよろこばせたいという気持ちもあったようだけれども。それとて結局のところ相田さんのためというよりもレジーナ様自身が相田さんの気を引いて、それを自分が楽しみたいというだけのようでした。レジーナ様は「マナのため、マナのため」と主張してはいたけれど、ほんとうは「自分のため」で。あまつさえレジーナ様は相田さんのためにイッパイつくしたのだから今度は相田さんの番だ、ほかの友達たちは切り捨てて私だけのモノになれと要求してくる。

とはいえ、レジーナ様がまったくの自己中心的な性格かといえば、そうでもなくて。相田さんはレジーナ様が学校に来たことをとがめて、「学校が終わったらつきあうから…(いまは帰って)」と説得すると「わかった。マナがそういうなら、そうする」と素直に応じる場面もあったりして。好意をよせる人物の意見には耳を貸そうとする気持ちもあるようです。だからこそ最後の場面で文句タラタラになりながらもキュアハートに「本当の友達になろう…」といわれたことを思い出しながら、レジーナ様は「本当の友達って、なんだろう?」と内省してみるにいたったのでしょう。

なんとなくレジーナ様は、気まぐれではなくて、本当に相田さんのことが好きなのかなと。自分の思い通りにならないのなら、いつでも「つまんない。マナも消えちゃいなよ。」とか言って攻撃しそうなものなのだけれども。レジーナ様はけっしてキュアハートだけは攻撃しないで、執拗にほかの3人のプリキュアを攻撃していた。それもこれも相田さんの人徳というか、相田さんはレジーナ様の友達になることは承諾して、実際いっしょにオシャベリしたりアイス食べたりと、なんやかんやと気さくに遊んであげていたわけですからね。レジーナ様は相田さんのそういう卑屈にならない媚びへつらわない性格が新鮮でオモシロイと感じて、気に入ったのではないのかな。

いずれレジーナ様は相田さんに薫陶されていくような気がします。いまは、友達になってくれると言っておきながら自分だけのモノになってくれない相田さんにいらだってるレジーナ様だけれども。なぜそうなのか?本当の友達とは?と考えていくうちにレジーナ様の心境に変化があらわれてくるのでしょう。

敵と友達になって世界を救うという展開は、なんとなく「精霊とデートして、デレさせる」というあの番組に似てなくもないような気がした。

スマイルプリキュア! #21 デコルと短冊とキャンディの願い 感想

こんかいのお話は、ようするに、いちどはキュアデコル16個全部集まったのに最後の最後でジョーカーさんにデコルデコールごと全部かすめとられた、とおもいきや、ふしぎ図書館の笹に1個だけ飾ってたので、じつは全部は持ってかれてなかったのよキュアデコル、というオチのようです。ハイ。この1個だけ奪われなかったというのが次回への伏線になってるのかどうか、興味はありますがね。どうなんでしょうかね。私の予想としては、星デコルと短冊に書いたキャンディの願いが共鳴して、超展開的に奇跡が起こるのではないのかと。

それにしても、なんだね、キュアデコルがあろうとなかろうと、プリキュアの戦闘能力にはほとんど無関係という点が、キュアデコルをほとんど全部持ってかれちゃった現況においても、なんともイマイチ緊張感に欠ける原因なんだよな。これが、そう、オーズのメダルとかフォーゼのスイッチだとか、それらがないとおもいっきり戦闘能力に影響するモノだったら、ああ困ったタイヘンだー、みたいな感覚になるのだろうけれど。いかんせん、そういう気分にはならなかったね、残念。ホント、女王様を復活させるという目的以外にはまともな使い道がないな、キュアデコル。

バッドエンドさんたちにとってもキュアデコルなんて赤鼻アカンベェの原料ぐらいにしか活用できないシロモノのようなので、べつに全部そろえる必要性もないのだ。キュアデコルを奪う意味は、そう、メルヘンランド女王の復活を阻止するという目的のためだけですからね。キュアデコルというのはメルヘンランド側が所有してこそ意味がある。つまりバッドエンドさんたちは嫌がらせでキュアデコルを奪ったと、それだけのことでした。

さて、また1からデコルを集めなおすのもカッタルイ。そうです、また赤鼻のアカンベェをコツコツ倒していかないといけないのですよ、15回ほど。ええ、番組的には15話ほど尺が稼げるのでうれしいでしょうがね。視聴者的にはウンザリだ。そうやってお話をループさせるのは、やめてほしいのよ。うむ、だが、もし、そういうナガレでいくのであれば、次回は敵さんの本拠地にのりこんで、敵さんがしこしこ集めたバッドエナジーをプリキュアさんたちが全部放出させるという展開にならないといけませんね。バッドエナジーがじゅうぶんに集まっちゃって皇帝ピエーロ様が復活したあかつきには、もうバッドエンドさんたちは赤鼻アカンベェを登場させてくれないとおもいますから。ハイ。

「スマイルプリキュア!」って、どんなプリキュア?

お笑いがテーマです。スマイルだけに。

さて今の時代、世の中から笑顔が消えつつあります。なぜでしょうか。その原因は、デフレ経済やら、通貨危機やら、自然災害やら、深刻な人災やら、と、いろいろ考えられていますが。じつは、みなさんの知らないところで、フキゲン帝国という謎の帝国がひそかに人々の笑顔をうばっているというのです。
なぜフキゲン帝国は人々から笑顔をうばおうとするのでしょうか。それは笑顔こそが人類の生きる活力の源だからです。そうですよね、辛気臭い顔をしていてはウマくいくこともウマくいかないものです。人は、どんな困難な状況にあっても、気持ちを前向きに、笑顔でいようとすることが大切ですからね。ふさぎこんでいたら、どんどん悪い方向へ行ってしまいます。
フキゲン帝国はそこにつけこんできます。つまり世界中から笑顔をうばってしまえば、世界征服なんて簡単なのです。生気を失った人の弱さにつけこんでその人を支配するのなんて実に簡単ですから。といった理由で、フキゲン帝国は、全世界の笑顔をうばったのちに、世界を征服しようともくろんでいるのです。

いっぽうで、世界から笑顔が消えることに危機感をいだいたスマイル王国は人間界に妖精をおくりこみます。スマイル王国は人間どもの笑顔を糧に成立しているという、これまた謎の王国なのですが、くわしいことは割愛します。とにかく人間界におくりこまれた妖精には、ひとびとを笑顔にし、なおかつフキゲン帝国の野望を阻止することができるという伝説の戦士・プリキュアをみつけ、育てるという国家レベルの任務が課せられているのでした。

ここは、とある中学校。廃部寸前の、お笑い部。お笑いが大好きな女の子がふたりだけというさみしい部活。ところが妖精はこのふたりに目をつけた。このふたりにはプリキュアの素質があると直感したから。

さあ、こうして、ここからはじまるスマイルプリキュア!という物語。フキゲン帝国との戦いと平行して、廃部寸前だったお笑い部がじょじょに部員をふやし、芸をみがき、わずか一年足らずで全国中学生上方漫才大賞で優勝するというサクセスストーリーまでもが描かれるという意欲作。ほぼ2話に1度、芸人回が用意されていて、お笑いにいきづまりフキゲン帝国との戦いに苦戦するプリキュアに通りすがりのお笑い芸人がさりげなくお笑いのヒントをあたえてくれて、プリキュアを勝利に導くといった展開にも注目。また、はじめはお笑いに対する考え方の違いから衝突ばかりしていた妖精ともじょじょに信頼関係を築いていき、妖精の厳しい指導のもと、お笑いの特訓をつうじて強靭な体力と精神力をつちかっていくというプリキュアたちの成長にも期待。

とまあ、おおまかにいって、こんな感じの設定を予想していたのだが…
どうやら全然ちがうみたいですね、スマイルプリキュアってば…orz

スイートプリキュア♪ 第37曲目 お父さんは心配性 感想

シリーのシは、シンフォニーのシじゃなくって、シャイニングのシか…ボソリ

やってきましたコスプレの日。
みなさん、おもいおもいのカッコで、この日ばかりは普段は恥ずかしいカッコでもオッケーという。
そんなハッピーハロウィンの日。でも全裸はダメよ。
「全裸にならないとイタズラしちゃうぞ!!」とか脅かしたりしたってね…クスクス
せいぜい脱ぎたてパンツで許してください、って奏さんが…ハァハァ
ぜったい許さない!!
響はゴーカイチェンジです。
どこから調達してきたかワカランが、ナージャのレンジャーキーを手にしてた。
ナージャの大いなるチカラを得てるんだ。
うん、とにもかくにも、レンジャーキーをキュアモジューレにブッ刺したぁぁぁぁ!
ナージャにゴーカイチェンジした響は、バトンを手に、とにかく踊る、踊る、踊りまくる。
ネガトーンのまわりを、踊っては、バトンで殴る、踊っては殴るの連続攻撃。
これには、さしものネガトーンも目が回るわ、痛いわ、で。
めまいと、痛みとで、もう意識モウロウのネガトーンにむけて、必殺ミシンアタックという、まあ、たんにナージャミシンを投げつけるという単純なわりに最後の一撃にはもってこいのフィナーレを喰らわせました。ああコリャコリャ。

それにしてもアコちゃんというか、キュアミューズさん、自分で自分のこと女神とかいってて恥ずかしくないの?
もう、すっかり女神キュアなんだから〜ん。
つーか、姫なんだから「姫キュア」のが、よくね?
つまり、キュアプリンセスだぜ!…ガハハ

音吉も、じつは、プリキュアだったのか。こりゃビックリ。
ハトプリでいうところの花咲婆のポジションですね。
かつては封印したはずのデューン…いや、ノイズさんも、復活のときが近づいちゃって…ピンチ
なんだかしらんがパイプオルガンが完成すれば倒せるらしい。

にしても、知らぬは響&奏ばかり、の展開に、もうウンザリですね。
ほかの連中は、ほぼ、事情を知ってるみたいだし。
アフロディテにしても、メフィストにしても、音吉はもちろん、ハミィも、エレンも、アコちゃんも。
なにがどうして、どうなってるのか、多少の情報格差はあるにせよ、いろいろと知っている。
しらぬは響&奏ばかり、いや、それと視聴者のみなさんも知らない、知らされない。
ある日とつぜん知らされて、ああ、そうだったのか、という超展開にもっていかれるんだ。
もうね、メイジャーランド絡みの連中どもに、もてあそばれてますから、われわれ視聴者と響&奏は。
まあ、こんなかんじで最後までいくんだろうな〜 ああ、ツマンネー。
mktn_logo

  • ライブドアブログ