なんか、いまひとつ、もりあがりにかけたな今回のお話は(股間的な意味もふくめて(ぉぃ
ハロウィンといえばカボチャですよね、そしてカボチャといえばカボチャパンツ(ぇ)で、カボチャパンツといえばプリキュアさんたちの下半身の最後の砦ってわけで(ぇ
こんかいはハピネスビッグバーンがやぶられる!って、ふれこみだったわけですから、とうぜんプリキュアさんたちがあの恥ずかしい光るカボチャパンツ姿にサイリウムチェンジするはずだと全国の大きなお友達が胸をふくらませ、股間をふくらませて、全裸待機でワクワクドキドキしていたはずです(ネーヨ…いや、あるある
でも、なかった…
なんも、なかった…
チッ! 誇大広告、いや、おとり広告だったか(JAROさん出番ですよ!
ああ、でも、なんか、さいごに氷川姉らしき人物がプリキュアのコスプレして出てきましたが、あれもハロウィンだからかな?
なんかね、おたのしみは次回まで待て!的な展開で、なんだかなー、でした、ぶっちゃけ、ぶっこけ3人組(ぇ
まあ、次回が本当の正式なハロウィンのお話ってことになるのかな?ハロウィンの意味として「悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事」とウィキペデア先生が…(あと暦的にも次回がハロウィンのほうがしっくりだし
つまりキュアテンダーにとりついた悪霊を退散させるってのが次回のストーリーとみた!
ハピネスチャージプリキュアたちがキュアテンダーらしき人物をこてんぱんにして、とどめをさそうかというときに「仲間にならないと殺しちゃうよ!」って問うのよ、ハロウィンっぽく(ぇ
そしてキュアテンダーらしき人物はハピネスチャージプリキュアの一員に、って、ながれかな(ぅー

それにしても今回は、どうにもこうにも、誠司クンがヘタレで、見ていて、いたたまれなかったです。
もっとこう、誠司クンが神様ブルーに、オレのオンナに手をだすな的に、いっしむくいるような展開になってもよかったかなと。
もしかしてカボチャケーキを手で半分コってのが、よくなかったのかな?
ナイフで半分コなら、ケーキを切るとみせかけて、おっと手がすべった的に神様ブルーに一撃くわえられたかもしれないのにな、誠司クン(ぇー
まあ、とにかく誠司クンと神様ブルーの修羅場みたいのがなくて残念ってことでした(ぇ