まず新年そうそう新キャラ登場です。
002
この人はアン王女の父親でしょう。つまりトランプ王国の王様(キング)です。アン王女の元夫だとする説もあるのですが、それはちょっと無理がありそうです。理由は、まず、見た目がオッサンだから王女の夫には不釣り合いな印象。それに、王様(キング)がジコチューになって、キングジコチューなんだろうと思うし。かりに王様がキングジコチューになってしまってて、なおかつレジーナがアン王女の精神の一部からできているという設定であるのであれば、キングジコチューがレジーナのことを娘とよび、レジーナがキングジコチューをパパとよぶのも理解できるでしょ?

★   ★   ★

10年くらいまえのことでした。
アン王女は不治の病にかかりました。
000
ひっしの看病のかいもなく…
001
アン王女は他界。
王様は悲嘆にくれるとともに、怒りをあらわにする。
002
『くそっ、この世に神も仏もいないのかッ!!』
002
『ならば悪魔とでも契約してやるッ!!』

愛する娘を、アン王女を失った王様は正気を失っていた。

宝物殿に納められているエターナルゴールデンクラウン。
003
納められている、というよりは封印されていたエターナルゴールデンクラウン。
004
なぜならエターナルゴールデンクラウンは危険だから。
なぜ危険なのかといえば、エターナルゴールデンクラウンはあらゆる知恵や知識をあたえてくれるから。
知らなくてもいいことを知ってしまうのは不幸なことなのだ。
005
しかし今の王様にはそんな思慮もなく。ただただ娘を蘇生させることしか頭になかった。
006
エターナルゴールデンクラウンは王家の血を継ぐ者にだけ用いることができる。
005
用いることができるのだけれども、使ってはいけないとされていた。
006
その禁を破らんとするのだから、その手もふるえる。

死者をよみがえらせる方法を知った王様は、さっそくその方法をためしてみることに。ちなみに死んでから24時間以内なら蘇生は可能という設定なのだろうから(根拠なし)。とにかく、いそがねば。王様は教えられたとおりに、地面に魔法陣を描き、魔法陣のうえに手のひらをかざしながら、なにやら呪文をとなえる。そのときアン王女をよみがえらせたいと強く願うことが大事です、とエターナルゴールデンクラウンから念を押されていた。王様は、世界がほろんでもいいから、世界中の人がみんな死んじゃってもいいから、とにかく娘を生き返らせたいのだよ、と自己中心的に願った。
すると、どうだろう
008
なにやら怪しい黒い塊があらわれて…(それがジャネジーの塊だとは王様は知らない
009
黒い塊は王様におそいかかり。
とりこんでしまう。
010
そして巨大化する。
これがキングジコチュー誕生の瞬間なのであった。

キングジコチューはジャネジーをつかってアン王女を生き返らせた。というか、あらたな肉体をつくりあげ、そこにアン王女の精神をうつしかえた。アン王女のあたらしい肉体はジャネジーでつくられている。そう、ジャネジーでつくられた肉体にアン王女の精神はやどっているのだ。だから定期的にジャネジーを供給してやらないとダメなんです(ぉぃ
ちなみにジャネジーでつくられた肉体は不老不死、だからアン王女は若さをうしなわないのです。おそらく。

★   ★   ★