透明人間になっちゃうお話というのは、どうしてオモシロイのだろうか。ふしぎ、ふしぎ。それにしても女のコが透明人間になっても、あまりイイことないような気がするんだけれど、どうなんでしょうか。男のコなら、そう、いろいろとエッチなこととか悪いことを考えるのではないでしょうかね。

視聴前は、敵を倒すまで星空さんと日野さんが透明のままでいる、つまり透明人間のままプリキュアに変身するというナガレになるのかなと予想していました。が、そうではなくて、敵さんのほうがずっと透明だった、というのは意外でした。というか、そもそもマジョリーナさんとアカンベェが透明になってプリキュアと戦う展開になるというのは想像もしてなかったですね。もっとこう、ありきたりに、敵をたおさなければ元の姿に戻れないから必死に戦う、悪戦苦闘の末に勝利する、元に戻れたああヨカッタよかった、みたいな感じで終わるのかなと思ってましたので。でも考えてみれば、自分が敵から見えなくなれば戦いは有利になる、それはそうかもしれないですよね。透明にこそなりませんが実際にステルス戦闘機なんてのもありますし。見えない敵と戦うのは、今回のプリキュアさんたちの苦戦ぶりをみれば、じつに困難であることは容易に理解できますもの。なるほど、なるほど。

あと、マジョリーナさんが星空さんと日野さんを透明から元の状態に戻してあげるのも、べつに親切心からではなくて、透明人間は透明人間が見えてしまうという設定があったからで。うん、じつに自然なナガレのなかで元に戻してあげられたのはウマカッタなと。

今回のお話は、わりと無理なくウマクまとまっていたような気がします。透明になっても、すがたかたちはあるということで、雪をつもらせて透明アカンベェの居場所を確認したのも、ごく自然なアイデアだったように思えますし。カメラに写ったモノが人間以外でも透明になってしまうという設定なのも、アカンベェを透明にする都合があったからでしょうし。ああ、でも、もし人間だけしか透明にならなかったとしたら、星空さんと日野さん、制服が空中を浮いて見えてるのは怪しいという理由で、通学途中の道路のまんなかで全裸になってたとおもうのですがね。どうなんでしょうかね。もちろん透明ですからお話の中では問題ないのでしょうけれども。でも視聴者は半透明で全裸の星空さんと日野さんをおがめたであろうに。残念。