なんかね、もう、アカオーニさんがワケワカラなくてね。うん。

走りに自信がなくてリレー本番直前にテンパッてた黄瀬さんを察してか、緑川さんはメンバー全員を集めて「いまはこのバトンをつなぐことだけを考えよう、5人のチカラをあわせて最後まで走り抜こう」と呼びかける。このような、リレー競技で気持ちをひとつにしてがんばりましょう、という展開の場面の中で、なんのみゃくらくもなくアカオーニさんがあらわれて、とうとつに「なーにがチカラをあわせるだオニー、そんなの必要ないオニー」とか、ほざかれても困るよね。さらには「チカラなんかあわせなくてもオレ様はひとりでじゅうぶん強いオニー」とか。えっ?なに言ってんのアンタ?あたま大丈夫?って思いませんでしたか。あのー、いまはリレー競技の話をしてるんですよ。だから、ひとりがいいから、あしでまといはいらないから、とか主張されても困るのよね。だれかが「あしでまといはいらないからリレーは1人でやらせてください」と提案したところで学校側に却下されるのは目に見えてるじゃないか。リレーは複数人でやるものなのだから。