かわいい。じつに、かわいいよ、キュアピース。
しおらしいイカちゃん声もグッドだよ。オイ。
泣き虫キャラってトコが、ちょっと反則気味なんですがね。うーむ。
もうキュアピースに全部もっていかれそうな、そんな予感すらする…
と思いきや、地味に可愛いパッツン委員長の存在はスルーできません。
パッツン前髪さんは5人目プリキュア確定ですから、余裕の笑顔でした。
なんというか、毒気の抜けた花音様@ジュエルペットサンシャインみたいな雰囲気をただよわせる青木れいか様の今後のご活躍に期待してます。

で、今話の感想なのですが。
まず、キャンディさんの「そんなことは、いいクル(キリッ」には笑わせていただきました。
黄瀬さんがキャンディさんに、おまえさんはオモチャじゃなかったのかい?、とツッコミをいれたとき、こまけーこと気にしてないでとっとと変身しやがれ、みたいな感じだったのがウケタ。
キャンディさんは自分勝手だなと。しみじみ。

今回の敵さんは、初登場のアカオーニさんでした。
なんかねぇ、名前が、赤鬼そのまんま、というか、なんというか。
せめて「アカオニーナ」とかにしてほしかったわ。
ウルフルンとアカオニーナなら、かわいいでしょ?

それにしてもハッピーさんもサニーさんも必殺技の使い方が、ぞんざいな感じですね。
敵さんにカンタンによけられてしまったり、気合いがたりなくて効果がなかったり、と。
まあ今回は、キュアピースに花を持たせないといけない、という理由で、そうなっただけなのかもしれませんが。どうなんでしょうか、ちょっと心配になりますね。
でも、今後登場するであろう玩具をつかっての攻撃になれば、気合いを入れる必要もなくなり、しかも必殺技が連発できるようになるのかもしれませんね。どうなるか、わからんが。

さてさて、とりあえず1回つかっちったら、しばらくは使えないという必殺技をムダにつかってしまって、もう、あとがない2人のプリキュアさん。絶体絶命のピーンチ。さてさて、どうする、どうする、どうする?
といったところで、ハイ、みなさん、おまちかね。
予定調和的に、黄瀬やよい、覚醒デス。
変身バンクで、髪の毛がポンッとなって広がるところが、なんか良かったなあ。

キュアピースさんの特殊能力というか、必殺技は電撃なんですが。
なにげにコレは、つかえるネ。
電撃は周囲に広がっていくから、テキトーに攻撃してもダイジョーブっぽいんだ。
でも、気をつけないと、ヘタすると味方にまで電撃をくらわせてしまう危険性も…
と、とにかく、シャワーや、火の玉バレーボールよりは、使い方がカンタンっぽくて、キュアピースさんにはピッタリかも。

まあ今回は、だいたいこんな感想でしたかね。
ウルフルンさんにくらべて、アカオーニさんがキャラ的に残念な印象だった。
敵キャラに魅力がないと、おもしろさも半減だと思うんですがね。
そこんとこ、ちょっと真剣に考えて欲しいです。